悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

(#`Д´)クズはどっち? ~終わりのセラフ 第4話 吸血鬼ミカエラ~

教室に入るなりクラスの奴らをクズ呼ばわりする優一郎。なんでこんなにツンツンしてるのかさっぱりで痛々しい限りだが、そんな優一郎に動じず、喧嘩が始まっても特に騒ぐ事無く余裕で席に座ってるクラスの奴らは肝が座ってるようだ。キャラデザは果てしなくモブだけど。まあメインのキャラデザもどうかと思うが。特に吸血鬼女。

吸血鬼サイドが帝鬼軍とドンパチする気満々だが、吸血鬼になったミカエラくんは優一郎に肩入れしそうだ。それは良いけど、吸血鬼サイドが統率取れてるのは分かるが帝鬼軍の様相がここまで見ても全く分からん。そろそろ明かされるのかしら。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

2 Comments

なち says..."Re: タイトルなし"
> >なんでこんなにツンツンしてるのかさっぱりで痛々しい限りだが
>
> 家族同然の仲間を眼前で皆殺しにされて復讐を人生の目的にした少年が社交的だったら、そっちの方が不気味な気が…
> しかも、クラスの人間は競争相手ですし。
> それを考えたら、むしろツンツンなのが口だけな分、マシかもしれませんよ。


社交的?記事のどこを読んでそう解釈されたか分かりませんが???
そういうキャラじゃない事も分かってますが、いきなり喚き散らしてクズ呼ばわり。それは競争相手だから、ですか。うん、確かに家族同然の仲間を眼前で皆殺しにされてまともじゃないようですね。こいつの目的なんてクラスの奴らに関係無いと思いますし。



ああそれと、貴殿が前々回辺りの記事でコメント下さった方と同じ方なのか分かりませんし、原作を愛読されてる方なのか知りませんが、本作の解説や今回のようなよく分からないけど真面目そうなツッコミは結構です。
本作はそんな熱心に見てませんので。悪しからず…。



コメントありがとうございますー。
2015.04.28 00:06 | URL | #- [edit]
says...""
>なんでこんなにツンツンしてるのかさっぱりで痛々しい限りだが

家族同然の仲間を眼前で皆殺しにされて復讐を人生の目的にした少年が社交的だったら、そっちの方が不気味な気が…
しかも、クラスの人間は競争相手ですし。
それを考えたら、むしろツンツンなのが口だけな分、マシかもしれませんよ。
2015.04.27 19:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/980-c609ec82
終わりのセラフ 第4話「吸血鬼ミカエラ」
第4話「吸血鬼ミカエラ」 やったね、優ちゃん!お友達が増えるよ。 ピンクがお友達になるの巻~
【終わりのセラフ】第4話『吸血鬼ミカエラ』 キャプ付感想
終わりのセラフ 第4話『吸血鬼ミカエラ』 感想(画像付) ミカエラを吸血鬼にしたクルルちゃん登場! CV悠木碧さんでドSなキャラとかイイですね(笑) 人間サイドでは、君月士方が登場。 不良ぽいのに妹に優しいお兄ちゃんキャラ。 ハイキューに出てそうなキャラデザw  
終わりのセラフ 第4話「吸血鬼ミカエラ」
終わりのセラフの第4話を見ました。 第4話 吸血鬼ミカエラ 吸血鬼の姿となったミカエラは人間を襲うヨハネの四騎士を他の吸血鬼達と共に倒し、人間を守る代わりに血を提供するように告げていた。 脱出の際にフェリドに襲われて重傷を負ったミカエラはクルルに血を与えられ吸血鬼として蘇生していたのだった。 その頃、晴れて月鬼ノ組になるためのクラスに移動になった優一郎と与一だった...
終わりのセラフ 第4話「吸血鬼ミカエラ」
「お前に選択肢は無い  私の血を飲み、お前は人間をやめろ」 吸血鬼となったミカエラ! そして、月鬼ノ組の研修生となった優一郎が出会ったのは…    【第4話 あらすじ】 サングィネムで優一郎を庇い、命を落としたと思われたミカエラは、なんと生きていた!一体彼に何が起きたのか!?秘められた真実が明らかに…!!一方、優一郎と与一は共に吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」の研修生となる。だが、...
終わりのセラフ TokyoMX(4/25)#04
第4話 吸血鬼ミカエラ 廃墟でヨハネの四騎士を倒すミカエラ。これからここは吸血鬼の支配となる。人間は血を提供することになる。ミカエラは第三位始祖クルル・ツェペシの血を飲んだので強いと 噂されるが手柄には興味が無い。人間の頃の記憶も残っている。 白夜孤児院の皆で地上に逃げようとした時に遡る。優一郎が逃げた後にクルル女王陛下が駆けつける。第7位始祖のフェリドは死んだ真似をしていた。妾のセラフをわ...
該当の記事は見つかりませんでした。