悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

(`∀´)新たな魔王の覚醒(新人アイドルのデビュー) ~アイドルマスター シンデレラガールズ 第8話「I want you to know my hidden heart.」~

anime_161.jpg

↑個人的にベストショット^^

anime_150_20150307223406bb4.jpganime_154_201503072234091a0.jpganime_157.jpganime_159_2015030722372595a.jpg
anime_162_201503072239110f9.jpganime_163_2015030722341252d.jpg
anime_166_20150307224256c9c.jpg
anime_167_20150307223455f43.jpganime_170_201503072234577b0.jpg

ソロって凄いと思うんだけど、それだけ実力があるのか、雰囲気に合う相手がいないのか。たぶん後者だろうな、うん。

終始痛い台詞が飛び交う厨二病蘭子の当番回。およそネタにしかならないようなキャラを真面目すぎるほど真面目なPを使って上手いこと綺麗に描いてたと思う。掘り下げ回だけあって厨二病だけではなく女の子らしい一面やいろんな可愛い表情が見れて良かったなと。これからメンバーの掘り下げがしばらく続くと思ってるんだが、その出だしとしてもギャグ寄りの重くないエピソードで良かったんじゃないかしら。厨二病な言動も然ることながらPからあんだけ逃げるような奴が実際いたらクビだろうし。いや知らんけど、プリンてなんだプリンてwww

キャラがキャラなだけに個人的にはこのプロジェクトに入る経緯が見たかったってのがあるけどなあ。まあそれ描いたら他のキャラでも描かないといけなくなりそうだし、これはこれで良かったか。

anime_156_2015030722390958e.jpg

Pのタメ口終了。一応Pとメンバーの距離が近くなる役割は出来た訳だし、そもそもタメ口だとPの生真面目な性格が損なわれる気がするし、早々に終わらせて何より。それにしても安っぽいキャバクラみたいだなw

anime_151_2015030722422182a.jpg

蘭子ってまんま六花と思ったらアナスタシアの中の人って凸森なんだな。
中二恋コンビがこっちでも仲良し設定とはw

anime_139_20150307224219492.jpganime_142_2015030722422115e.jpg

私物持ってくるって話でなんかみくにゃんがまともな事言っててビックリした。年の割に幼いというか痛いイメージだったから。今回杏は譲るよ~ってお前やる気ねーだろw
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/887-ad898978
アイドルマスター シンデレラガールズ 第8話 「I want you to know my hidden heart.」 感想
アイドルの事務所とかいう待機所? って見たことないけど私物であふれてそうですよねw
アイドルマスター シンデレラガールズ「第8話 I want you to know my hidden heart.」
アイドルマスター シンデレラガールズ「第8話 I want you to know my hidden heart.」に関するアニログです。
アイドルマスターシンデレラガールズ 第8話「I want you to know my hidden heart.」
アイドルマスターシンデレラガールズ 第8話「I want you to know my hidden heart.」  季節はもうすぐ夏。ということで未央は事務所に手持ちの扇風機やら冷却グッズを持ち込んでいた。蘭子は未央に「らんらん」と呼ばれて戸惑いつつも、取り出したグッズを見て「シルフ...
THE iDOLM@STER シンデレラガールズ BS11(3/06)#08
第8話 I want you to know my hidden heart. 事務所は熱いので、色々と私物を持ち込んだ未央。プロデューサーに交渉すると試しに1品だけなら了承される。神崎蘭子のソロCDデビューが決まる。彼女の普段のイメージそのものでゴシック調の曲とPVが準備される。しかしホラーが苦手の蘭子、でも上手く伝えられない。 蘭子とアナスタシアは寮生活で一緒に帰る。寮では白坂小梅と星輝...
該当の記事は見つかりませんでした。