悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

(;´∀`)ポッポちゃんの薬疑惑回避? ~純潔のマリア 第八話 人は、人にとって狼~

あらすじ(公式HPから抜粋)

肩に傷を追い、魔女エドウィナの家で手当を受けていたマリアだったが、なんとか森の中の家に戻れる程度に回復した。そんな中、マリアの不在中に村の少女・アンの祖母マーサの容態が悪化したことが判明し、プリアポスに様子を見に行かせる。マーサは修道士・ジルベールが持参した“特別な薬”を飲み一命を取り留めたが、倒れた原因をジルベールに聞かされたアンは混乱してしまう。


anime_102_201503032100424da.jpganime_99_2015030321004004e.jpg

マーサおばさんが前回の死亡フラグ回避したみたいだが、なんかおばさん視点が虚ろっぽいというか変な感じだし、ハゲが変な薬を飲ませたのかな?そんで弱らせたところで懐柔?って事だったか分からんが、家族をネタにされたら仕方ないかも。背けば異端扱いされたり何されるか分からんだろうし。

ポッポちゃんが薬を渡した件について言及無かったが、薬は間違ってなかったって事で良いのか。マーサおばさんは異変は一時的なものかしらね。寿命近いって事もありうるか。何にしろ、ハゲにとっておばさんは巧みに近づき心に入り、信仰広げてマリアを追い詰める格好の餌だったってとこかしら。例え死んでも寿命で済ませれそうだしな。

anime_91_20150303210129ea1.jpganime_96_2015030321013213a.jpg

負け戦はマリアのせいだとか蔓延するマリアの評判。件のマーサおばさんも村人も教会に懐柔され確実に出来上がってくマリア包囲網。そして遂に狙われるマリアの純潔!?って話。ハゲがガルファに義手をあげたのはこの為なのかな。だとしたら徹底してるよな。薬まで用意してるし薄い本待った無しかよ。まあマリアの周りにはマリア一派がいるしマリアも魔女だし簡単にはいかんだろうが。それともジョセフとガルファがやり合うとか。毎度ジョセフのイケメソっぷりに惚れてしまいそうだが(オイ)、こいつはこいつで着々と良からぬフラグ建ててるようで怖いな。ちなみにマリアの「バッ!バッカじゃないの…」の演技良かったなw


結局前回ガルファが言ってた”良い考え”って何だったんだろ。今回見るに次回以降に描かれるような流れでも無さ気のようだし、ハゲとマーサの件に絡んでたのか?6話(?)でガルファとアンはマリア宅への道中ですれ違ってたが、確かあのシーンはアンがガルファを振り向いて見てたのに対しガルファはアンを気にしてた感じは無くて、ガルファはマリアの秘密を知って他人の事など眼中無いんだろう程度に見えたけど。振り向くアンにミスリードされたのかしら?だとしてもその後何があったか分からんのだが、何か描写あったかな?覚えてないだけか、それともやっぱ別の事なのか…

anime_85_20150303210036ba6.jpg

…まあとりあえずアンをペロペロ慰めてあげたい(´・ω・`)
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/881-71c57d55
【純潔のマリア】第8話『人は、人にとって狼』 キャプ付感想
純潔のマリア 第8話『人は、人にとって狼』 感想(画像付) せばまるマリア包囲網! 宗教恐いですね…。 キリスト教圏が広がるにつれ、消されていく異端。 マリアも魔女を辞めるしかないのかな?  つづきは編集中
純潔のマリア BS11(3/01)#08
第8話 人は、人にとって狼 LIBER VIII LUPUS EST HOMO HOMINI エドミナの部屋から帰ってきたマリア。北の部族が薬を貰おうと待っていた。アンがやって来たことを告げる。プリアポスに状況を確認させる。 マーサは修道士からもらった薬で元気になった。マリアから貰った薬は毒だったと告げられる。どうして修道士様は嘘をつくの? ガルファの下に届け物を運ぶジョセフ。ガルファはシェ...
該当の記事は見つかりませんでした。