悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

(`・ω・´)思い出したドレスブレイク! ~聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 第3話「冥府の魔女」~

速くて変なゲーマーやそいつに惚れてるメイドなど新キャラ登場と、主人公の立場巡って不穏な空気になる回。メイドのラブロマンスなんているのか疑問だったが、演出やらBGMやらやたら奇妙で全力で笑いを取りにくる内容。

anime_259.jpganime_261.jpg
anime_262.jpganime_263.jpg
anime_272.jpganime_273.jpg

主人公はあれで既に世界ランクのS級とかナントカな強さらしく、世界中から注目の的らしい。他の奴との手書き呪文の強さの違いがさっぱりだが。そんで巨乳ちゃんの兄貴がやたら主人公推し。少しの情報操作でエラい地位になるが、自由が無くなり強い化物と戦う事を強いられるとか。まあ戦力を常に確保しとくみたいな考えはありか。なんせA級クラスの連中が束で倒せないような化物が街中に唐突に出張ってくる世界だし、寧ろ真っ当だな。ドレスブレイクがどれほど戦力になるのか知らんが。

anime_267.jpganime_268.jpg

見たところ主人公の前世ってのは善と悪みたいな感じなのかな?ピンクヒロインがいる前世が善で、兄貴に道具扱いされてる巨乳ちゃんの方が悪か。現世ではピンク煩いだけで圧倒的に巨乳ちゃんが良ヒロインだけどね。

anime_260.jpg

ただ2人より後ろのピンク下着娘の方が可愛いw

関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/819-998e6a26
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 第3話『冥府の魔女』 キャプ付感想
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 第3話『冥府の魔女』 感想(画像付) 第3話は静乃の事情が描かれます。 漆原家は腐ってますね…。 新キャラのランバードは何かすごいキャラですねw   世界にたった6人しかいないランクSのセイヴァー、エドワードが来日。 一方、前世の記憶を語ろうとしない静乃と、それが気にかかる諸葉の 周囲に不穏な影がさす。  
聖剣使いの禁呪詠唱 第3話「冥府の魔女」
聖剣使いの禁呪詠唱の第3話を見ました。 第3話 冥府の魔女 諸葉と静乃とサツキの3人で九頭大蛇の姿をした『異端者』を倒したということに万里がしてくれていた。 だが、世界にたった6人しかいないランクSの救世主・サー・エドワード・ランパードと右腕のアンジェラ・ジョンソンが諸葉の実力を試そうと来日していた。 「本当の目的は諸葉でしょうね。イギリスだけじゃない、アメリカ、中国...
聖剣使いの禁呪詠唱 テレ東(1/25)#03
第3話 冥府の魔女 良くやった静乃、流石に漆原家の娘。お前の友達がエインシャントドラゴンでメタフィジカルを倒すとは。 静乃とサツキの3人でメタフィジカルを倒したことになっていた。ランクSの6ヘッドしか出来ないことだった。白騎士のトップで世界で6人しかいない6ヘッド。 3人で話す喫茶店に英国人が入って来る。英語でメニューを要求するが分からないのでサツキが代わる。日本語で細かく紅茶の注文をする男...
該当の記事は見つかりませんでした。