FC2ブログ

悠遊自適

アニメ感想とか

(ノ∀`)ガサ入れに注意 ~グリザイアの果実 9話『セカイ樹の種Ⅱ』~

あらすじ(公式HPから抜粋)

JBからの緊急呼び出しで、「本社」に出頭した雄二を待っていたのは、入巣蒔菜の暗殺指令だった。
この国を裏で牛耳る入巣家の長女にして、一族の暗い秘密を知る蒔菜。そんな彼女の存在自体を脅威と感じる者達──彼らの冷徹さと絶対的な意思の前には、組織の末端にすぎない雄二の心理など、無視されるものでしかなかった。
「父親」として全力で守ると約束した蒔菜をその手で殺す──。雄二と蒔菜の関係を承知で残酷な命令を下すJBに対し、雄二は直立不動に任務受諾の意を示すのだが――。


gurizaia9_5.jpg
gurizaia9_7.jpg


やっぱ展開早い気がするが、さすが雄二様ですわ!って感じで逃走劇はなかなか面白かった。たまごっちだし、おっさんヤってる最中にガサ入れだし、証拠品押収したエージェントの片割れ小っこいしw

思いっきりクズだった母親が最後に銃殺でスッキリ感。今の俺に人は殺せないとかナントカ言ってた筈だが。もっさり女も結構マジで雄二らを追っかけてたが、あの母親のクズさを目の当たりにして雄二に肩入れするようになったって事かな?でも最後は死体すり替えたって事だろうし、どっちみち雄二を助けるつもりだったかも。って、まぁ考えてもどうせ分からんから何でもいいが、逃げるのにあんな鉢植え持たせんなよって感じで、林檎が蒔菜のイメージらしいがフラグ用にしては不自然すぎて、その重みというか重要さが感じられなかったかな。取り敢えず蒔菜攻略か。攻略て最初からデレてたがw

次は天音か。過去にバス事故だかをチラ見せしてた事もあり、ヒロインのエピソードの中では1番重い話になりそうだ。今回教授とやらの存在が明らかになったが、このタイミングという事は天音の話に関係するのかしら?分からんが、ラストヒロインのエピソード、期待しよう。


gurizaia9_11.jpg

完全に事後です(ノ∀`)

guri9_0.jpg
guri9_1.jpg

もっさり女の太もも推し(*゚∀゚)=3

gurizaia9_2.jpg

パンチラは久しぶり?(*゚∀゚)=3

gurizaia9_9.jpg

すっげーとばっちりクソワロタwww

gurizaia9_0.jpg
gurizaia9_8.jpg
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/708-e9981181
グリザイアの果実 第9話
雄二(CV:櫻井孝宏)は、入巣蒔菜(CV:たみやすともえ)の暗殺指令を受けます。 それは、指令を受けないと蒔菜を守れないから。 雄二と蒔菜は、学園のみんなに別れを告げて旅立つことに。 みちる(CV:水橋かおり)からは小額のお金を借りて、幸(CV:清水愛)からは希望のりんごの苗を、天音(CV:田口宏子)からはお弁当を渡されました。 蒔菜は、由美子(CV:田中涼子)の姿が...
グリザイアの果実 TokyoMX(11/30)#09
第9話 セカイ樹の種II 蒔菜の父親は防衛省と入巣家の汚職事件の証拠を掴んだ。それを公表しようとしたが妻の依頼で監禁、殺害。その事件で蒔菜も監禁、6日間放置されて失語症となった。 春寺由梨亜・JBから入巣蒔菜の殺害指令を見せられる雄二。依頼を受けないと身柄は拘束されるので了承する。蒔菜と二人で逃亡する雄二、寮生は驚かなかった。蒔菜のリンゴの苗を幸から手渡される。これは希望の苗なのさ。猫と同じ...
グリザイアの果実 第9話「セカイ樹の種Ⅱ」
第9話「セカイ樹の種Ⅱ」 華麗なる一族。ドロドロでございます。 蒔菜を誘拐して父親をはめた張本人は蒔菜の母親。 この辺は想定内ですが、父の遺体と何日も放置された蒔菜のの精神状態を考えると辛過ぎますね。
アニメ感想 14/11/30(日) 天体のメソッド #9、グリザイアの果実 #9
天体のメソッド 第9話『さよならの意味』今回は・・・いよいよ学祭です。ノエルは円盤から離れられないから行けないって言ってたけど・・・結局来ました。前回大変なことになるっ ...
グリザイアの果実「第9話 セカイ樹の種II」
グリザイアの果実「第9話 セカイ樹の種II」に関するアニログです。
グリザイアの果実 第9話『セカイ樹の種II』 キャプ付感想
グリザイアの果実 第9話『セカイ樹の種II』感想(画像付) 蒔菜ちゃんルート後編。 雄二は蒔菜ちゃんを守るために、ハードボイルドなパパになる。 とにかく、蒔菜ちゃんが希望の苗とともに帰還できて良かったですw  
該当の記事は見つかりませんでした。