悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

(`;ω;´)散々フラグ建ててたラバックがやっと逝く! ~アカメが斬る!  第二十話 修羅を斬る ~

あらすじ(公式HPから抜粋)

ナイトレイドによってキョロクは解放され、革命軍は攻勢を強める。異例の事態に、エスデスと並ぶ帝国の双璧と呼ばれるブドー大将軍や、大臣の息子・シュラも立ち上がる。一方、ナイトレイドは再び帝都に潜入。タツミとラバックは、宮殿のオネスト大臣を狙うべく、帝都の裏通りでレジスタンスの一人と合流し、宮殿の内部へと忍び込む。



akame_0_20141117201407f03.jpg

ラバック逝ったぁぁぁぁあ!!!

タツミのフラグブレイクは男キャラには通用しないらしく、ラバック退場回。結構好きなキャラだったけどね。ま~ずっとフラグ建設に余念なかったし、大臣のゲス息子を倒して逝ったのはお手柄か(-人-)

と言ってもなんか変な回だったな。やけに棒読みというか滑舌悪い中の人とか、相変わらず必要なのか分からん規制とか。他所のゴキブリアニメみたいな●にフイタが、串刺しラバックには規制無かったり。ってか、なんで槍がああいう風に置いてあったのかも分からんかったし(・ω・)???

akame_1_201411172014098f9.jpg

それにしてもお笑い四人衆やらナンタラ警備隊やら、帝都側に次々とホニャララ部隊出しては退場させての繰り返しだな。もはや単なる尺稼ぎだろって感じで、人数減っていくだけのナイトレイドがヤバすぎるうえに、遂にブドー大将軍が参戦!…なんかちょっと帝具がダサかったが(笑)、これで帝都側の主要キャラは出揃っただろうし、話も最終局面に入った感はある。

公開処刑のタツミという事で、エスデス様の「お前は誰にも渡さん」って言葉がどういった意味なのか、といったところかな。公開処刑から攫って従えるとか、それともお前の命だけは私が貰うって意味で殺すのか。エスデス様の信念からすると殺す可能性が高いような( `・ω・)ウーム…

akame_2_2014111720170659b.jpg

もうタツミとの仲が知られてたマイン。そんなにイチャってるのかw
しれっとレオーネも狙ってるとか、終盤になって急に加わった設定な感じなんだが、

どちらも死亡フラグにしか見えん…w


…え?アカメ?いたっけ???

関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/687-7a56d10e
アカメが斬る! 第20話
ナイトレイドによってキョロクは解放されて、革命軍は攻勢を強めます。 この異例の事態に、エスデス(CV:明坂聡美)と並ぶ帝国の双璧と呼ばれるブドー大将軍(CV:郷田ほづみ)や、オネスト大臣(CV:石井康嗣)の息子・シュラ(CV:木村良平)も立ち上がるのでした。 一方、イェーガーズはウェイブ(CV:細谷佳正)、クロメ(CV:大橋彩香)、ラン(CV:間島淳司)だけになっていました。 ...
アカメが斬る!「第10話 誘惑を斬る」
アカメが斬る!「第10話 誘惑を斬る」に関するアニログです。
アカメが斬る! 第20話「修羅を斬る」
第20話「修羅を斬る」 革命軍の帝都への到達と民衆の反乱を警戒して大臣は新戦力投入。 大臣の息子・シュラと愉快な仲間達です。 シュラはタツミとどエスデス将軍を飛ばした謎の男ですね。
アカメが斬る! 第20話 感想
アカメが斬る!第20話感想。タツミとラバックが宮殿内に侵入する『アカメが斬る!』第20話。変な髪形のブドー大将軍が登場です。
アカメが斬る! TokyoMX(11/16)#20
第20話 修羅を斬る 公式サイトからナイトレイドによってキョロクは解放され、革命軍は攻勢を強める。異例の事態に、エスデスと並ぶ帝国の双璧と呼ばれるブドー大将軍や、大臣の息子・シュラも立ち上がる。一方、ナイトレイドは再び帝都に潜入。タツミとラバックは、宮殿のオネスト大臣を狙うべく、帝都の裏通りでレジスタンスの一人と合流し、宮殿の内部へと忍び込む。 地方の拠点が次々に無血降伏を行っていく。元は帝...
アカメが斬る! 第20話「修羅を斬る」
ついにラバックも…(泣 敵と相討ちでしたが夢半ばにして夭折。 ナジェンダさんへの想いが切なかった。 シュラのような外道を仕置できたのがせめてもの救いか。 今回は帝国側が一枚上手でしたね。 ブドー将軍完全にナイトレイドの動き読んでたなあ。 果敢に立ち向かったタツミですが格が違いすぎました。 次回囚われのタツミ、エスデス様に処刑される!? こんな時でもお笑いシーンは入れて...
該当の記事は見つかりませんでした。