悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

ヽ(・ω・)/滑って転んでヨイショして ~魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編Ⅴ」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかったところでアクシデントが発生。制御不能に陥って突っ込んできた七高選手を受け止めた摩利は、怪我を負って棄権を余儀なくされる。この事故が人為的なものだと推測した達也は、幹比古に協力を要請。摩利が巻き込まれた現象は精霊魔法で起こせると確認する。



mahouka_0_20140622163905156.jpg

硬化魔法ウンヌンやってたがこれほどの施設で藁人形が下からウイーンとか笑かそうとしてんのか?だとしたら、ウン、ちょっと笑った。レオの件は後の伏線だろうから置いといて、バトルボードで”海未の七校”とか言われる摩利っちのライバルっぽい奴が登場。モブだけどやっぱライバルとかいると視聴者としても面白いよねって感じで、九校戦に最初からこういう要素を期待してたのもあって勝ち進むに連れて面白くなるのねと思ったら事故っちゃってヽ(・ω・)/ズコー!! そういう役目なのね…w

mahouka_1_201406221639078c4.jpg

 「露骨に肋骨折れてますね。あとオッパイはこれくらいです」

何やら第三者の仕掛けたとか何とかっぽいという事だが、事故中に既に原因が分かったっぽいお兄ちゃんSUGEEE!!と更に更に事故っていち早く摩利っちんとこ駆けつけるお兄ちゃんKAKKEEE!!って事で、どうやらこの事故もお兄ちゃんをヨイショする為に仕掛けられたものだった様です(ちげーよ)。
救護班に応急処置を指示したり摩利っちを病室まで運んだりと手柄を悉く持っていくお兄ちゃんSUGEEE!!って事で、競技を捨ててライバルを助けた摩利っちの賞賛されるべき行動もお兄ちゃんヨイショの為の踏み台に過ぎないという所ですね!

mahouka_2_201406221639072d4.jpg

現場で気絶してる間にお兄ちゃんにおっぱい揉まれたっぽく、その上治療に付き添うとかどんだけ出しゃばるんだという感じのお兄ちゃんにお肌を見られたらしく恥ずかしがる摩利っちでしたが、こうなったら1週間控える羽目になった激しいギシアンも完治後に凄い技術を持ってそうなお兄ちゃんに相手してもらったらいいのではないでしょうかね!(何言ってんだコイツ)

mahouka_6_20140622163910454.jpg

キモウトやオカマ野郎に加えてミキッチと巨乳を巻き込んで、事故についてナンタラカンタラどんだけ尺使うんだという感じで説明するお兄ちゃんSUGEEE!!の分析結果に間違いは無いでしょうが、そのお兄ちゃんでもどんな仕掛けをしたか分からないなどと半端無い絶望感▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂
なんだけど厄介事はみんなに言わない辺り、皆が不安にならないように気遣ってるのか、低脳どもに言った所で役に立たないからなのか知らんけど、どうせきっとお兄ちゃんが全部シレっと解決してヨイショされる展開なんでしょうね!どうでもいいが照明くらい付けようや?

mahouka_7_20140622164453cc5.jpg
mahouka_3_20140622164349863.jpg
mahouka_4_20140622164351426.jpg

          「(このメス…早く始末しないと…)」

優勝危ないとか何とか重苦しい雰囲気で必死に打ち合わせしてて学生らしさが全く無いお兄ちゃん高校メンツ。技術スタッフの人数不足に困ってた筈なのに選手側の補欠を用意してないとか有能なのか無能なのか分からん組織ですが、妨害されてブチギレしたのか、いよいよキチガイ生徒本領発揮かと期待するその先駆けがキモウトという人選は間違ってないなという感じ。最初断ってお兄ちゃんに推されたら殺る気満々という相変わらず周りにとってウザい女ではありますが、お兄ちゃんの言葉にいちいち喜んだり落ち込んだり反応可愛いほのかちゃんに我慢も限界であろう事も窺えまして、そのキモウトのストーキング行為をお兄ちゃんに見抜かれてる手前、冷え切った眼のキモウトに、おそらく競技にて憂さ晴らしに血の雨を降らせるであろう事が予想されまして、これは期待せざるを得ませんね!取り敢えずほのかは逃げた方がいいと思うぞ。

mahouka_5_20140622164451616.jpg

お兄ちゃんの技術者としての腕前ばかり気にして競技中もダラダラとお兄ちゃんSUGEEE!!の説明ばっかで選手を応援する気がない熟女BBA達をよそに、引き金引くだけで的壊すとか射撃の腕関係無いというか競技の意味すら無くなるような技術で勝ち抜いて凄さがイマイチ分からんかったが、お兄ちゃんの手際の良さに雫ちゃんベタ惚れ。とは言ってもおそらくこの娘は、ほのかちゃんの恋を応援するポジションと思われますが、どっちにしろ何やっても女堕とすお兄ちゃんSUGEEE!!なんだけど、お兄ちゃん以外の男子はヘタレばっかという話。あと雫ちゃん可愛いって話(なんやねん?)

なんかいつも以上に説明が多かった気がするけど流石に尺取りすぎじゃない?ストーリーはあまり進まんっぽいし、そもそも魔法の説明がそんな必要なのか分からんのだが?って前から思ってたけどw
今回のバトルボードの強者みたいに競技が盛り上がる要素入れてくれたらと思うけど、この大会は今編の舞台なだけで競技の内容ウンヌンはどうでもいいんだろうしなー。今のところ盛り上がる要素無いんで、前編よりヒロインも多めだし魔法説明ダラダラするよりもっとラブコメに尺使ってくれても…w

関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/581-d411e8ed
劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女を見て来ました。さすがです、お兄様
 当日記記事は、【mixi】劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女を見て来まし
『魔法科高校の劣等生』 第12話の感想と考察――
『魔法科高校の劣等生』 第12話「九校戦編Ⅴ」を観ました。<ストーリー>大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と
魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編 V」感想
お試しのCADを試すレオ それを使うのは今回じゃないようですね。 マフィア殲滅とかに使うんかなw(適当) それにしてもあの先が伸びるCAD。空き空間にターゲットを当ててもぶつけることができるんだろうかね~  そこに当たるとスカってなりそうでこわいんだけどw 魔法科高校の劣等生 九校戦編 2(通常版) [DVD](2014/11/26)不明商品詳細を見る
魔法科高校の劣等生 Episode 12 「九校戦編V」
【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 九校戦 2(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.2付き) [Blu-ray](2014/11/26)中村悠一、早見沙織 他商品詳細を見る 司波達也に付き添われて、渡辺摩利がデレた! これは、ゆゆしき事態ですぞ。 工作員は、大会委員に紛れている? そんなおり、本線のミラージュパッドに ...
魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編 5」
達也オリジナルの武装一体型試作デバイスをレオが試用するエピソードを変な区切りで見せられた後は、Aパート、摩利のバトル・ボードでの事故シーンから。ここもどうにもまとめ方や演出が上手くないというか、高校1年生にすぎない達也が真っ先に駆けつけて怪我の状態の確認と応急措置の指示をしたことについて、真由美と摩利が疑問を感じる描写は残した方がよかった気もするのですが・・・なんで摩利が顔を赤らめる表情に変...
魔法科高校の劣等生 第12話
達也(CV:中村悠一)が作成したデバイスをお試しするレオ(CV:寺島拓篤)。 このデバイスは、魔法で伸びて使えるソードタイプのようですね。 なかなか豪快な使い勝手のようです。 大会3日目、バトル・ボードの準決勝に進出した摩利(CV:井上麻里奈)は、第一試合で「海の七高」と呼ばれる強豪校と対決します。 初めは摩利がリードを奪いますが、コーナーに差し掛かったところで、制御...
魔法科高校の劣等生 #12 「九校戦編 V」
タッちゃんに赤面の女子多数。 「魔法科高校の劣等生」の第12話。 達也が「遊び」で作ったというCADをレオンが試してみる。 柄の分の延長線上に固定されたブレードみたいなものらしいが相対位置の固定が 云々とか説明していた所を見ると摩利のバトル・ボードでの魔法が参考になった? 三日目のバトル・ボードでトラブルが発生する。 昨年も争った選手と摩利が接触事故を起こし庇う形となった摩...
魔法科高校の劣等生第12話感想~お兄様は名探偵~
タイトル「九校戦編Ⅴ」
魔法科高校の劣等生 第12話 「九校戦編 V」 感想
競技とお話が淡々と進んでる…。
魔法科高校の劣等生 第12話 「九校戦編Ⅴ」 感想
一挙三反―
魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編 V」キャプ付感想
見た目は劣等生、頭脳は名探偵なお兄さま(笑) 試合中の起きた事故の原因も推理してしまう達也さん。 女子のCADの調整でも活躍。 サポートしてもすごく優秀ですねw   大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と 呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかった ところでアクシデントが発生。 制御不能に陥って突...
魔法科高校の劣等生 Episode12「九校戦編V」
魔法科高校の劣等生 Episode12 「九校戦編V」です。 ワールドカップが始
魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編Ⅴ」 感想
大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかったところでアクシデントが発生。制御不能に陥って突っ込んできた七高選手を受け止めた摩利は、怪我を負って棄権を余儀なくされる。この事故が人為的なものだと推測した達也は、幹比古に協力を要請。摩利が巻き込まれた現象は精霊魔法で起こせると確認する。 ...
魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編Ⅴ」
第12話「九校戦編Ⅴ」 摩利が出場した女子バトルボード準決勝でアクシデント発生。 減速するはずのカーブでオーバースピードで突っ込んで来た七高の選手を受け止めようとした摩利が巻き込まれ重傷。 これだけなら不幸なアクシデント終わりだが、そんな単純な話じゃなかった。 第三者の魔法干渉による意図的な事故と見抜いた達也。
魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編Ⅴ」
「やはり第三者の介入があったとみるべきですね」 大会中に起こったアクシデントに何者かの魔法干渉の可能性が… 怪我を負った摩利の代わりに本戦に出場する事になった深雪    【第12話 あらすじ】 大会3日目、バトル・ボード準決勝に進出した摩利は、その第一試合で“海の七高”と呼ばれる強豪校と対決する。出だしからリードするが、鋭角コーナーにさしかかったところでアクシデントが発生。制御不能...
魔法科高校の劣等生 第12話
魔法科高校の劣等生第12話です。 新人戦も開幕です。
魔法科高校の劣等生 第12話「九校戦編V」
魔法科高校の劣等生の第12話を見ました。 第12話 九校戦編V 「じゃ、始めるか」 「了解、行くぜ!」 達也のもとに届いた武装一体型CADを試したレオンハルトは刀身の上部が浮く刀という珍しいものであった。 「大成功だな、達也。効果魔法って繋がってなくても機能するんだな」 「効果魔法の定義内容は相対位置の固定だ。接触している必要はない。このデバイスの作動形態は飛ばす...
該当の記事は見つかりませんでした。