悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

( ´艸`)絶対に笑ってはいけない卒業式 ~悪魔のリドル 第12話「故に、世界は□□に満ちている」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

兎角から突き付けられた予告票をみて、愕然とする晴。まるで揺るぎもしない兎角。晴の手が震え始め、ぐしゃりと予告票を半ば握り潰すようにしながら、泣きそうに叫ぶ晴。攻撃を避けながら逃げまどう中、背後の靄の中から伸びてきた手が、晴の手をぐっと掴んだ……。



ridoru_0_201406211243095f6.jpg

桜Trickかと思ったらやっぱ百合エンドだったw

前回ポン刀持ってて偽物と思ったが本物の兎角さんだったみたい。何これすげー恥ずかしい(汗)
途中からどっちがどっちか分からんくなったり、押されてる方が本物と思ったら違ったり(・ω・)アレー? 
まぁどっちも晴ちんを殺すつもりだったって事でいいのよねって感じで、晴ちんがプライマーではない事を証明するとか何とかの為に晴ちんを殺しにきた兎角さん(本物)だったけど、チタン最強って事で死には至らず、退学になったポンコツ兎角さんは田舎のヤンキー少女に成り下がったって話。

ridoru_2_20140621124311410.jpg

ボッチの卒業式シュール過ぎワロタwww

晴ちんがいきなり卒業式やっててビックリしたw ギャグだろこれw
先生はピアノ弾いてて何気に芸達者っぽいが、1話で兎角さんが先生の気配感じなかったのは何だったんだ?結局あれも兎角さんがポンコツだったって事なのん?w

晴ちんに能力がない事を証明する為には殺るしかなかったという悲劇(悲恋?)からのまさかの全員生存。なんで生きてんだって奴が若干名いた気がするが(笑)、能力などでは無くて間違いなく自分の意思で晴ちんの傍にいる兎角さんって事で、期待通りの百合エンド。人殺しに覚醒したものの結局殺人に手を染める事無く済んだのも良かったかな。兎角さんの表情が柔らかくなったみたいで印象的だった(´∀`) まぁ、若干強引に終わらせた感じもするし全員生存に温さも感じるけど、そこもヨカッタヨカッタって事で、寧ろ後味悪くなくて終わり方は良かったんじゃないすかね。結局杉田の役は何だったのかよく分からんかったけどw

ridoru_3_20140621124312316.jpg

1話ずつの単調な展開に、暗殺っていうものなのか分からんアサシン達に首を捻ってしまうとこあったけど、兎角さんのポンコツっぷり含めて(笑)おにゃのこ達のバトルは結構楽しめたし、退学者のCDデビューのEDは斬新だったし、まーまーそれなりに面白かったかなと。時間あれば原作見ようかね^^

関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/576-dce4c404
悪魔のリドル感想 人はサイコロと同じで、自らを人生の中へと投げ込む。「故に、世界は□□に満ちている」
「晴はみんなと勉強して、友達になって、仲良くなって、人生エンジョイするのです。そして必ず、卒業して見せます」 「それがお前の望みなのか」 はい、『悪魔のリドル」の最終話が完璧だったので、久方ぶりにブログ更新しようと思い立ったが吉日、言葉が流れ出るままに書き綴っていきたいと思いますはまじです。完璧ですよ喝采喝采。 で、何から語ったものかと考えますと、なにより僕が『悪魔のリドル...
【アニメ】悪魔のリドル 感想 第12話「故に、世界は□□に満ちている」
黒組勝者となったのは、晴ちゃん&兎角!! ・・・のはずが、事態は思わぬ方向へ。 全ての想いと命を賭けた最後の戦いが始まります。 物語を締めくくる最終話となる第12話の感想になります! (注意事項) ・基本女性キャラにハアハアする感想になります。 ・原作?の知識も事前情報も何も無いので、解説等はできません。 ・その話...
悪魔のリドル 第12話『故に、世界は□□に満ちている』 キャプ付感想
晴を殺しに現れた兎角…!? 暗殺ゲーム、黒組の驚愕の結末(笑) 個人的には好きな最終回ですw 黒組のキャラはみんな好きでしたからね。  
悪魔のリドル TBS(6/20)#12終
最終回 第12問 故に、世界は□□に満ちている 公式サイトから兎角から突き付けられた予告票をみて、愕然とする晴。まるで揺るぎもしない兎角。晴の手が震え始め、ぐしゃりと予告票を半ば握り潰すようにしながら、泣きそうに叫ぶ晴。攻撃を避けながら逃げまどう中、背後の靄の中から伸びてきた手が、晴の手をぐっと掴んだ……。 私は以前人を殺せなかった、その呪縛は解けた。私の道は私が決める。分からないよ、兎角。...
走り 鳰の正体は『西の葛葉』!! 悪魔のリドル 第12話(最終回)「故に、世界は□□に満ちている」感想
ミョウジョウ学園地下墓地。 兎角から予告票を受け取った晴は信頼していた兎角の突然の裏切りに愕然としながらも、日本刀を振るい晴に襲い掛かる眼差しに躊躇いが微塵もない事を悟る。 そして、兎角が晴を殺そうと思い至ったのか動機を問う晴に対し、兎角は晴を殺す事以外に“証明”する方法が考えつかなかったのだと答える。 武器も持たない一般人である晴には本気で殺そうとする兎角に抗...
悪魔のリドル 第十二問「故に、世界は□□に満ちている」 感想
兎角から突き付けられた予告票をみて、愕然とする晴。まるで揺るぎもしない兎角。晴の手が震え始め、ぐしゃりと予告票を半ば握り潰すようにしながら、泣きそうに叫ぶ晴。攻撃を避けながら逃げまどう中、背後の靄の中から伸びてきた手が、晴の手をぐっと掴んだ……。 脚本:吉村清子 / 絵コンテ:水島精二 / 演出:小坂春女 / 作画監督:徳永さやか、嵩本 樹 殺して生きるか生かして死ぬかそ...
該当の記事は見つかりませんでした。