FC2ブログ

悠遊自適

アニメ感想とか

(`・ω・´)やれば出来る娘兎角さん ~悪魔のリドル 第五問「籠の鳥を外に出すには?」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

ミョウジョウ学園の創立記念祭が行われるということで、出し物をして参加しようと張り切る溝呂木。演目は、「ロミオとジュリエット」に決まる。シナリオを手にした黒組生徒たち。兎角はシナリオには手もつけず、自分の携帯をぼんやりと見つめている中、晴は出しものに心を弾ませる。




gochiusa04_18.jpg

∑(゜∀゜)兎角さんはポンコツじゃなかった!?(爆

これまで魅せ場は嗅覚の鋭さだけでバトルはいまいちだった兎角さんだけど、暗殺者の家系の跡取りという回想のおかげで出来る娘設定になって、台詞から察するに相手の力量を測る事が出来るほどの実力を持ってたって事らしく、本当の力を見せ始めた感じで、相手の寒河江春紀も体術宜しく良く動いてたし、今回のバトルシーンはなかなか面白かった。晴ちゃんのピンチに仕事人みたいに駆けつけるシーンやナイフヒュンヒュン等など、なんかセガールぽくてフイタんだが、カッコいい兎角さんが見れてとても良かった(・∀・)ホントに兎角さん?(オイ
ターゲット相手に直接予告状渡したり拳でバトったりの春紀ちゃんの、小細工使わず真っ向から挑んでくるみたいな感じは結構好きかも。拳で殺ろうとする辺り暗殺者って感じがあまりしないけどw

その寒河江春紀ちゃんが望む報酬は弟妹を一生養えるお金。まぁその為に暗殺ってのはアレだが、家族の為に命懸けでってのは好印象。自分が死んでも晴ちゃん暗殺に成功したら報酬は家族の元にって事で、追い詰められても舞台照明トラップで心中しようとするし、ヤンキー姉ちゃんぽいが心底家族想いの優しい娘なのねぇ。もしかして自分も死んで暗殺業から開放されたかったんでしょうかねぇ(ノД`) 生きてる事は赦されてる事という晴ちゃんの言葉に救われたような春紀ちゃん。退場は惜しいけど、暗殺テーマの作品の中で人間くさくて良いキャラだったかなと。
そんな感じでちょっぴりおセンチになった話でした( ;∀;)イイハナシダナー


花瓶は置かれるけど暗殺失敗で殺されるって事なのか、単なる退学なのか明かされてないから、春紀ちゃんの帰りを待つ家族の言葉をどう取ればいいのやら。殺されるなら帰る事無いお姉ちゃんを待ってる家族という胸にくるシーンだろうし、退学ならもうすぐ帰ってCDデビューするよとほっこりなんだが。ぶっちゃげ視聴者任せにしないで欲しいというのが正直なところ。

関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/510-0634c115
【アニメ】悪魔のリドル 感想 第5話「籠の鳥を外に出すには?」
第二の刺客もなんとか退けた晴ちゃん&兎角のコンビ。 これで残るは9人ですね。 第三の刺客は誰なんでしょうか? お気に入りの方々は最後まで残ってくれると嬉しいのですが、果たして? ということで、第5話の感想になります! (注意事項) ・基本女性キャラにハアハアする感想になります。 ・原作?の知識も事前情報も何も無いの...
悪魔のリドル 第五問「籠の鳥を外に出すには?」 感想
ミョウジョウ学園の創立記念祭が行われるということで、出し物をして参加しようと張り切る溝呂木。演目は、「ロミオとジュリエット」に決まる。シナリオを手にした黒組生徒たち。兎角はシナリオには手もつけず、自分の携帯をぼんやりと見つめている中、晴は出しものに心を弾ませる。 脚本:吉村清子 / 絵コンテ:小坂春女 / 演出:小坂春女 / 作画監督:嵩本 樹、徳永さやか 叔母さん、...
「西の葛葉」登場!! 悪魔のリドル 第5話「籠の鳥を外に出すには?」感想
ミョウジョウ学園創立記念祭を月末に控え、黒組では演劇『ロミオとジュリエット』を公演する事が決まる。 演劇の準備に取り組む黒組の生徒達はこれまでの暗殺者として過ごしてきた“日常”とは違う“学生らしい時間”に慣れないながらも、どこか楽しそうな姿を見せていた。 そんな仮初めの学園生活が続く中、『寒河江 春紀』のもとに妹『寒河江 冬香』からの電話が入る。 帰りを待ちわびる家...
悪魔のリドル 第5話「籠の鳥を外に出すには?」 キャプ付感想
自分のために人が死ぬって、どんな気分だ? 今回は寒河江春紀が晴暗殺に挑戦。 貴重なポッキーが(^^;   ミョウジョウ学園の創立記念祭が行われるということで、 出し物をして参加しようと張り切る溝呂木。 演目は、「ロミオとジュリエット」に決まる。 シナリオを手にした黒組生徒たち。 兎角はシナリオには手もつけず、自分の携帯をぼんやりと 見つめている中、晴は出しものに心を...
該当の記事は見つかりませんでした。