FC2ブログ

悠遊自適

アニメ感想とか

終了アニメ感想 ~黒子のバスケ 2期~

存在感の薄さを利点にってのはあーなるほどね~って感じでまだいいとして、味方を全員消すとかボールが消えるとかなんかよく分からん理屈でどんどん謎の進化を遂げる主人公。キセキの世代とかいう奴らは才能溢れるばかりに勝手なプレイっぽく、まともにバスケする気ない感じだが黒子も大概アレ。

という感じで、シュート範囲がオールレンジとかどっからどんな投げ方でも入るシュートとかプレイをコピーとか余りにもリアリティに欠けるんだが、そこをこの作品に望んだらダメなんだろなというところで、「才能だけで決まる残酷な~」とか言う紫は間違ってない異能力バスケアニメ。極限の集中状態って事か詳しく知らんが、ゾーンとかいうのならスポーツ選手にありそうな感じではあるけど、そういう事までやられると能力者以外は別に誰が試合に出てもいいんじゃね?って感じで脇役の空気っぷりが凄い。

解説兼能力名付け親役のカントクにそんな事に恥ずかしい名前付けんなよなどと思いつつ、スポーツ特有の熱さもない展開の中で中二っぽいネームセンスに苦笑しか出ない。そうゆうお笑いアニメとして楽しめたかもね。もう”黒子のバスケ”を”中二のバスケ”とでも改名したら?と思う次第です。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/466-f03e322e
黒子のバスケ 第50話「勝つ!」
火神のバスケになってもうた。 ゾーンゲーだったかぁ。 ゾーン後の負荷とか、いつの間にかほぼ無くなってるし。 ところで灰崎さんはどこへ行きはったん? 黒子のバスケ 24 (ジャンプコミックス)(2013/10/04)藤巻 忠俊商品詳細を見る 以下黒子のバスケ 第50話「勝つ!」の感想
黒子のバスケ 第50Q「勝つ!」
黒子のバスケの第50話を見ました。 第50Q 勝つ! 黄瀬の言葉に目を覚まさせられたことで土壇場でゾーンに入った火神は紫原を圧倒する。 「俺が喉から手が出るほど欲してるものを持っているお前が、あっさり勝負を投げようとしている。…っ…怒りで、気が変になるぜ、いい加減…」 「うわ~引くわ。そういうの心底ウザイ。ってかありえないわ、泣くとか。何となく気づいてはいたけど、ここ...
黒子のバスケ TokyoMX(4/01)#50終
最終回 第50Q 勝つ 公式サイトから土壇場でゾーンに入った火神は、紫原を圧倒する!勢いに乗る誠凛に対し、紫原は試合を投げ出そうとするが、激昂しながら 諭す氷室の熱い思いを受け、これまでとは違う真剣な表情を見せる。本気になった紫原を中心に、陽泉はまさかのチームプレイを展開、一方の誠凛は火神を中心に必死で喰らいつくが、 陽泉優勢のまま時間は刻々と過ぎていく・・・。そして残り1分、6点差、焦燥す...
該当の記事は見つかりませんでした。