悠遊自適

アニメ感想とか

アニメまとめて感想

(゚д゚)ソウマー


ウマ娘 プリティーダービー 10話 何度負けても
anime_2057_201805282158249c1.jpganime_2058_20180528215929b57.jpg
 ライバルが強いほど自分も強くなるというキングヘイロー。負けキャラが板についてて、サブタイ通り心折れないのは立派だが、スぺ子との差がどんどん開いてもう相手になってないような…。ライバル感出してるのがちょっと不思議だ。
 どうでもいいが話数折り返した辺りからだろか、すっかりライブやらなくなったな。まあ、暗いムードの時があったりしたから、そんなテンションじゃあ無かったんだろうけど、ライブ設定忘れてる視聴者もいるんじゃないか。頑張って練習してるテイオーちゃん(可愛い)が脚光を浴びる日は来るんだろか。


食戟のソーマ 餐ノ皿 -遠月列車篇- 20話 えりなの研鑽
anime_2056_201805282059003ef.jpganime_2050_20180528205809b1d.jpg
 エリナの進化と決意。これまでのスタンダードな嗜好を捨て新たな食の追求に着手し、また、十席の座を捨て薊に反抗の意を示し、一席君臨を宣言するエリナ嬢。料理において完璧主義、薊を恐れ隷属するしかなかった(出来なかった)彼女が、その殻を破り、更なる高みを目指そうとするその姿は熱く、気高いものが御座いましたm(_ _)mヘヘー
 ただ、一番面白かったのは待ち合わせにスキーで来る薊さん。こっちの方が早いからだって。列車で来る連中待つなら意味ないんじゃ…。たぶんスキーやりたかったんだろうなあ。
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/2406-70f5aeb9
食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車編 TokyoMX(5/27)#20
第20話 えりなの研鑽堂島銀、才波城一郎のチームに分かれて模擬試験。タクミ・アルディーニは創真だけを見ていた。美作に破れて取り上げられた包丁を取り戻してくれた創真。それは負けたこと以上に悔しかった。スタジエールでは、和食割烹店で一から勉強し直した。創真が調理を始めないのが不服だった。 才波城一郎はクレープを焼いているだけ。クレープで包むミートソースやチーズなどは二人に任せる寸法だっ...
該当の記事は見つかりませんでした。