悠遊自適

アニメ感想とか

アニメ感想

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第9話 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
anime_803.jpg
赦された。これまでの集大成。殺人マシーンだった自分も、ドールの自分も、無かった事に出来ない。全部ひっくるめて”ヴァイオレット・エヴァーガーデン”。少佐の為に闘う事が全てだったヴァイオちゃんの新たな居場所。そこは”嬉しい”を届ける優しい場所。それは少佐が望んだ事でもあって…

…ってちょっと良い感じにそれっぽく言ってるけど、相当重いトラウマのように見える割にちょっと弱かったかなあ。前回気になったサブタイ無しの仕掛けは、名無しのそれが真の人間になったって感じだろか。凝ってるようで、”エヴァーガーデン”が後付けと思うと残念感堪らない。あと、BGM使い過ぎでは?なんか絵面と合ってなくて気が散ったりして刺さるものも刺さらない感じ。
少佐の生死がいまだハッキリしないが以降に持ち越しだろか。実は生きてましたメデタシメデタシだとチープになりそうだが。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/2356-c382e8a5
ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(3/07)#09
第9話 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 敵が立て籠もる大聖堂の制圧は完了したが少佐が撃たれてしまった。1人では逃げられないと少佐を助けるバイオレット。君は生きて自由になりなさい、心から愛してる。愛ってなんですか、分かりません。本部が陥落するなら資料隠滅の意味も含めて敵は自爆した。それに巻き込まれてヴァイオレットを庇って亡くなったのだった。 大聖堂跡地で少佐を探そうとする...
該当の記事は見つかりませんでした。