FC2ブログ

悠遊自適

アニメ感想とか

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第7話 「       」

anime_464.jpganime_469_20180222201254819.jpg
一瞬ホントに飛ぶのかと(汗)。いや良いシーンでした。

死や別れ、会えない悲しみ。”いつかきっと”という希望。ヴァイオのおかげで作家は立ち直ったが、それらを知ってしまった為に兵士時代の罪悪感と少佐の訃報のコンボに見舞われて言葉も無いヴァイオって話。少佐について周りは諦めムードだが、言い回しが生存フラグっぽいな。話数もまだ残してるし。多くの”いつかきっと”を奪ったというが、それで護られた”いつかきっと”もあるだろうし、ヴァイオちゃんの”いつかきっと”も叶っていいんじゃ。作品によっては敵として登場するヤツだが…w

それにしても、まさかエヴァガのおばさまが再登場するとは驚いた。当初はヴァイオに”エヴァーガーデン”を付けんが為だけの使い捨て感満載だったが、どうやら一瞬でヴァイオに影響与えるも本筋には一切首突っ込まないという、とんだ利便性を誇るキャラらしい。また出てきたら笑うけど。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/2342-12b55d41
ヴァイオレットエヴァーガーデン第7話劇作家と娘の傘
ヴァイオレットエヴァーガーデン第7話は 娘を失った舞台劇作家の傷心を癒すエピソードだった。 アバンはエリカが「赤い悪魔」という舞台劇を見てた。 オスカーという作家の代筆をヴァイオレットがやる事になり、 赤い悪魔がオスカーの脚本による舞台だった。 公開恋文の件でヴァイオレットは有名になり、指名が増えたと。 でもあれは自筆の方が話題になったんだよね。 その前の美文の方も評価されてたのかな。 オス...
ヴァイオレット・エヴァーガーデン TokyoMX(2/21)#07
第7話 「       」オスカー・ウェブスターの戯曲、赤い悪魔を観劇して感動したエリカ。ヴァイオレットは戯曲を読んでいるところで観劇は不参加。今度の代筆業は彼の依頼で新作が真っ先に読めて羨ましいエリカ。完成したら久しぶりの新作となるらしい。 到着したオスカーは飲んだくれていた。仕事中は飲まないで下さいと告げると仕事は翌日から。 あまりの部屋の汚さに掃除をする。原稿用紙は...
新世紀エヴァンゲリオン「第七話 人の造りしもの」
新世紀エヴァンゲリオン「第七話 人の造りしもの」に関するアニログです。
該当の記事は見つかりませんでした。