FC2ブログ

悠遊自適

アニメ感想とか

刀使ノ巫女 第7話「心の疼き」

舞衣ちん、沙耶香を見つける際に電話の「ありがとうございましたー」という声でコンビニ探してたのか。この作品、しれっと伏線細かいな。
anime_375_2018021721515927f.jpganime_373_20180217211143acd.jpganime_377_20180217215530bfc.jpganime_368_20180217210942f98.jpg
そんな”まいさや”の百合っぷりにムズムズして、燕結芽の凶悪っぷりにゾクゾクする回。ホント悪そうな顔しよる。それに見合った圧倒的強さも良かった。散々欠陥品呼ばわりされる親衛隊の中で結芽だけ毛並みが違うっぽいんだが、彼女は魔改造されてないのかな。根っから組織に従ってる風でも無さそうだし。人間最強か。素の悪い顔と強さで良い感じなのに鞘の”USACHAN”の憎めなさが堪らない。一気に好きなキャラになったw
戦闘シーンも良く動いて恰好良かったし、今までで一番面白かった回かも。

6人集結。7話で漸く揃うって2クールならではだな。次回から過去編かな。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/2338-71715d21
刀使ノ巫女 TokyoMX(2/16)#07
第7話 心の疼き 舞草の潜水艦に確保された可奈美と姫和。エレンの祖父、ファインマンことリチャード・フリードマンと会う。彼こそが舞草の創設者の1人だった。大戦後に折神家と米軍はノロの利用を研究していたが捗らなかった。しかし2年前の相模湾大災厄から折神紫が分散管理していたノロを集中管理した。そして一気にノロ研究が進んだ。しかし科学者の理解を越えた技術はどこから来たのだろうか。フリードマ...
該当の記事は見つかりませんでした。