FC2ブログ

悠遊自適

アニメ感想とか

宝石の国 第三話 メタモルフォス

走るダイヤ。物凄い絵面とかはまあ良いとして、あんだけ走っても疲れないのね。いや、そもそも疲労というのが宝石人には無いって事かな。それに宝石人は体だろうが目玉だろうが砕けても欠片集めて組み立てれば再生可能で、それ散々見て疑ってたがやはり不死身。その事は本人達もちゃんと認識してた。水中深く潜っても余裕で喋れるなど、色々起こって宝石人の設定が大分明かされたな。他にもあるかも知れんが一応どれも”だって宝石だから”で納得出来る代物。

anime_4212.jpganime_4226.jpg

フォスがナメクジと会話(意思疎通)が出来るようになった。復活してどうなるか気になってたが、何というかディスられキャラに相応しいというかギャグレベルの進化だった。まあ、宝石人で唯一フォスだけが出来る事で話が動く重要なトコだろうが、そうなるとやはり気になるのは相手のナメクジ。一体何物なんだ。あの巨大カタツムリは月人が宝石人への攻撃兵器として所有してる物とか思ったりしたが、そういう訳でも無いっぽい?いや月人はそういう考えの下で落としたのかも知れないが、フォスとナメクジの会話(笑)を察するにフォスを吸い込んだのは悪気があってやった訳では無いっぽいし。ナメクジは別に宝石人に対して敵意は無さそうな。扱いがぞんざいな月人に敵意持って良さそうだけど。

…というか、宝石達がナメクジをフォスと思ってディスってる時お茶目な反応してたが、ナメクジは(フォスに限らず)宝石人の言葉が分かるって事だよな。本当にナメクジなのか?

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/2252-bd06feb7
宝石の国「第三話 メタモルフォス」
宝石の国「第三話 メタモルフォス」に関するアニログです。
宝石の国 BS11(10/21)#03
第3話 メタモルフォス フォスを助けようと戦うダイヤとボルツ。 ダイヤは必死で戦い、カタツムリを海水に漬ける。 縮んだ本体は回収するが、池の中の殻には何もない。 フォスが見当たらない。 縮んでナメクジのような本体がダイヤの言葉に反応する。 これこそがフォスだと思ってルチルの下に届ける。 なんとかしてみるがと言いながらも解体しそう。 不安なのでダイヤは連れ去って皆に聞いて回る。 フォスの評判は...
宝石の国 第3話 『メタモルフォス』 フォスは生きていた!...意外な姿で。
前回そして今回とダイヤの魅力が爆発。特に疾走するシーンは3DCGならではの素晴らしさ。  割れる、溶ける、次は何だ。カタツムリに飲み込まれたフォスを助けようと奮闘するダイヤ。ダメっ子フォスを心から心配している、ホントにいい子ですね。結局カタツムリを池に落として解決。上がってきたのはすっかり縮んで殻と分離しナメクジっぽくなったカタツムリ。池って塩水だっんだ。余裕があれば分かったものを...
該当の記事は見つかりませんでした。