FC2ブログ

悠遊自適

アニメ感想とか

結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第二話 ともだち

アバンの敵に上から攻撃すればと提案したのも園っちだったな。ゴリ押し言われるのも仕方ない絵面だが、これしかないと思えるほど有効だった。3人中突出して使い勝手良い武器持ってるし、諸々ひっくるめてリーダーに相応しい人。睡眠学習もこなす凄い娘だった。生活態度がだらしないと思われてた銀ちゃんだが、元々の巻き込まれ体質とそれにめげず、困ってる人をほっとけない優しい人。戦闘では率先して危ない役を引き受ける、熱い人だった。何より仲間を信頼する強い心を持つ園っちと銀ちゃん。

anime_4117.jpganime_4122.jpg

そんな2人の外面ばかり見てた須美さん、2人の強さを目の当たりにして驕ってた自分を思い知った。反省の涙。1話でとても良く纏まってたと思う。友情が眩しい…。回重ねる事に3人の仲が深まるが、開幕と引きで警告して喜べない構成。怖い。入浴シーンも傷が痛々しくて。


それにしても須美さんだけ極端に弱すぎないか。見た感じ、遠距離攻撃型の割に射程が短過ぎというか矢に勢いが無く頼りない。一直線とまで言わないが、もっとこうビームみたいに飛んでっても良さそうな設定だけど。まあそれだったら今回の敵もそこまで手間暇かからなかっただろうし、態とヘタレた描き方してる可能性もありそう。あとで覚醒するとか。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/2239-d6508254
結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章- 第2話 「ともだち」 感想
少女たちはなんのために戦う?
結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-「第ニ話 ともだち」
結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-/-勇者の章-「第ニ話 ともだち」に関するアニログです。
結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- TBS(10/13)#02
第2話 ともだち 2度目の出動は半月後だった。 各自の連携が無く、力押しでの薄氷を踏む勝利。 安芸先生は合宿をします。 讃州サンビーチで3人の連携を高める特訓が始まる。 実技だけではなく勉強も行われる。 隊長には乃木が指名される。 乃木家は名家なので指名された、実質は私が頑張らないといけないと  密かに心に誓う須美。 3人は全身が傷だらけでも頑張るのだった。 須美は戦艦が大好きで詳しかった。...
結城友奈は勇者である2 -鷲尾須美の章- 第二話 『ともだち』
三ノ輪銀を初めて見たとき、苦手意識を持った乃木園子。 確かに大人しい少女には、元気はつらつの三ノ輪銀は 近づきがたい存在なんかも知れない。 今度の敵は、剣と十字架が泡沿ったような姿のバーテックス。 結構無謀な戦い方をしている鷲尾須美、乃木園子、三ノ輪銀たちを 非難する安芸先生。 それならば、彼女らに戦術を教えてやってあげてください。 ...
該当の記事は見つかりませんでした。