悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

ダンまち外伝 ソード・オラトリア #12 神々と眷族

総力戦。植物モンスターは精霊の成れの果て。ってか普通にラスボスだった。アイズの宿敵みたいな赤髪は石食って終わった。最終回までパワーアップが間に合わなかったらしい。まあ、前にも見たような植物モンスターがラスボスってどうなんだと思ってたが、ラスボスらしい強さでホッとした。早口詠唱がギャグに見えるけど。主役サイドもベルくんに触発されてて、本編の方も外さない。誰も死なないのは分かっててやや緊張感に欠けるが、ラストらしい熱い戦闘だったと思う。

anime_2400.jpganime_2399.jpg

が、トドメのアイズのシーンは流石に雑では。何でアイズがトドメを刺す流れが出来上がってるのかもよく分からんが、いつも何が凄いのかよく分からん一撃で終わらすよね。あと、レフィーヤの”必中の矢”が敵の魔法を相殺してアイズを助けたみたいなシーン。今までアイズに護られてたレフィーヤがアイズを護る大事なシーンなんだが、”必中の矢”を撃つタイミングがおかしくないか。敵の魔法が発動もしないうちに撃ってる、まるで未来予知だが必中ってそういう意味なのか?分からん。

anime_2401_20170701170447466.jpganime_2402.jpg

なんだか何も解決しないまま終わった気がするが、本編の裏でこんな事ありましたってだけならこんなもんでしょって感じ。アイズに本編主人公張れるタマでは無い事も分かるし、あくまで外伝という出来。ベルくん絡みの話は面白かったしね。まあ、原作の販促だろうけど、百合コメディとか色々とそれなりに楽しませてもらった。それなりに満足。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/2129-382d7c8d
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか「第12話 悪意(ショー)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか「第12話 悪意(ショー)」に関するアニログです。
ソード・オラトリア 第12話[終]
ソード・オラトリア 第12話[終] 『神々と眷属』 深層59層に待っていたのは、精霊のなれの果てともいうべき強化種のモンスターだった。強大な魔法を次々と繰り出し、花の触手を駆使する敵を前に膝を屈するロキ・ファミリア。その時、彼らを奮い立たせた団長はこう告げる 「君たちにベル・クラネルの真似事は荷が重いかい?」 公式ホームページ更新後、改訂予定 (公式HP STORYより抜粋) ...
ソード・オラトリア ダンまち外伝 BS11(6/30)#12終
最終回 第12話 神々の眷属 前人未到の第59階層に現れたのはモンスターやクリーチャーを 吸収して強化種となった魔石のモンスター。アイズをアリアと呼ぶそれは精霊が融合した存在だった。精霊の能力で長呪文の詠唱を始める。その周囲にはモンスターが居る、到達前に魔法が発動されてしまう。リヴェリアの結界魔法で防ぐしかない。団長の右手が疼き悪い予感は的中する。初撃は防げたが連続で長呪文を高速詠唱し始める...
該当の記事は見つかりませんでした。