悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

ACCA13区監察課  第6話 線路と誇りの向かう先

「甘いな」のグロッシュラー、「やはり私が動かねばな」のモーヴ、「今回は私の勝ちだね」のリーリウムetc・・・。どいつも謎めいてて怪しく見える。いやもう何が怪しいのかすら分からなくなってくる…。

anime_9473.jpg

ジーンがモーヴに切り捨てられた。頼む時はわざわざ場を設けてあんなにドレスアップして気合い入れてたがバッサリ容赦なかったな。ジーンがスイツ区の騒動の件を黙ってたのは部下を、しいてはACCAを守っての事と見抜いてたモーヴだが、自分に忠実じゃないなら要らないらしい。逆にモーヴはACCAという組織にさほど忠実ではないのかな。勘ぐり過ぎかな。振られて呑んだくれるジーンが良かった。コイツも普段何考えてるか分からない系の人だが、こういう事に関しては割と繊細らしく素直に曝け出すらしいw

33年前の不幸からドーワー家一族の中に王族が外に出るのを嫌う風潮があるって事だそうで、”33年”というとジーンやニーノの年齢がそれくらいと思うんだが関係あるんだろか。

anime_9474.jpg
ロッタは鈍感ちゃんだった。女の子みたいwww

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1923-161ff3ea
ACCA13区監察課 TokyoMX(2/14)#06
第6話 線路と誇りの向かう先 13年前の鉄道事故でジーンの両親は亡くなった。ペシ区とロックスの区境で起きた脱線事故。ペシ区は原因追求に時間を割いて遺族への補償が後回しになった。当時、ロックス支部長だったグロッシュラーは遺族に全責任を負い 鉄道を国鉄からACCA管理に変更した。その業績を讃えていたモーヴの記事、コロレイク支部長から ACCA本部長への栄転でのインタビューだった。女性初の本部長就...
該当の記事は見つかりませんでした。