悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話「たどりついた真意」

力の絶対的象徴みたいなマッキーのバエル(おお、カッケー)、亡霊ガリガリくんのヴィダール。阿頼耶識祭りでバルバトスに比肩するMSが二体出張ってきた。なんだかオルフェンズな鉄華団と子供呼ばわりのマッキーが子供サイドと対してなかなかの風格漂わせるラスタルの大人サイド、みたいな構図になってきた感じ。そういや本作って当初そういう子供VS大人みたいな感じだったけ。すっかり忘れてた。


まさかヴィダールの正体がガリガリくんだったなんてね!しかしこのガリガリくん。擬似阿頼耶識云々は良いんだけど、何ていうか思ったよりキャラが弱かったというか。マッキーが周りの人感情諸々裏切ってまで手に入れたかったモノの正体を確かめてたどり着いたそうだが…、「んん?それだけ?他に何か無いの?」って感じだ。もっとマッキーに迫っていくとか感情顕にしてくるかとか思ったけどそんな事なく終始紳士な態度。胸中は知らんし以前から別にハッチャけるキャラでも無かったけどさ。あれも大人って事なんすかねえ。
関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1918-8334dc26
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯43「たどりついた真意」
評価 ★★☆ 大人になれない僕らのわがままをひとつ聞いてくれ           
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)「#43 たどりついた真意」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)「#43 たどりついた真意」に関するアニログです。
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話 感想
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 私だ 第43話「たどりついた真実」 アバンはヴィダールとラスタルの会話から ラスタルは地球の会議に呼ばれてなかったから前回いなかったのか ヴィダールはけじめをつけに行動を開始 お前もけじめかい ラスタルはアリアンロッドの全...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 43話 たどりついた真意 感想
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2期 43話 たどりついた真意 感想 マクギリス・ファリドが動き出したので、ヴィダールとラスタル・エリオンも動き出します。 ギャラルホルンの本部は制圧されているな。 これではクーデターみたいになってる。 そして、宇宙…
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・第43話
「たどりついた真意」 ギャラルホルン改革のために、セブンスターズ体制に反旗を翻したマクギリス。セブンスターズ本部を占拠し、宇宙からやってくるであろうアリアンロッド艦隊への備えを固める。そんなマクギリスの胸中に去来するものは…… 貧民街で育ち、常に暴力に虐げられて生きてきたマクギリス。それは、ファリド家に拾われても、そして、後継者となっても変わらない。 そんな中で出会ったのは、ア...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #43「たどりついた真意」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第43話を見ました。 #43 たどりついた真意 ギャラルホルンの本部施設を掌握したマクギリスは薄幸な幼少期からのファリド家の跡取りとして拾われた後も不幸な境遇は変わらずにいた。 力を求め続けるマクギリスが見つけたのは最高の力の象徴であるギャラルホルンのトップのアグニカ・カイエルであった。 アグニカ・カイエルに呼びかけるマクギリスの...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話 『たどりついた真意』 すべてを背負って力を求めるものを倒すって...主人公じゃね?
マクギリスって元男娼?三日月に勝るとも劣らないすさんだ境遇。不幸な身の上から貪欲に力を求めるようになったと。 そして演説した自己陶酔男、鉄華団に現る。ライザ・エンザにドン引きのオルガ達。なんかイオクに似ている、ババがこっちにやってきた感。  やっと会えたな、バエル。アグニカ・カイエルが乗っていたガンダムみたいです。そこにやってきたのはヴィダール。警備どうなってるの。遂に仮面を脱ぎ捨...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話(第二期18話)
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話(第二期18話) 『たどりついた真意』 ≪あらすじ≫ 本部施設を掌握したマクギリスは、全ての「力」の象徴たるアグニカ・カイエルの魂が宿る機体を目指す。 公式ホームページ更新後改訂予定 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ◇子供の論理はどこまで通用するか 残り話数などを考えても、最終的にはここへ物語は収束していく...
該当の記事は見つかりませんでした。