悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」

anime_8939_20170121201902791.jpg
くっそwwwwwwwwww


anime_8948.jpganime_8941_20170121201704f02.jpg

新宝珠の実験体にされたり、信仰の押し売りのようなチート能力を強制的に付与されたり、安全な後方勤務に内心シメシメだったターニャが、ところがどっこい!と散々な目に遭う話。ターニャの食い気味な台詞による場面転換、爆破オチの天丼、マッドサイエンティストとの掛け合いなどギャグ色もあり面白い。ターニャのチート能力は神様が強制的に付与したもの。詠唱は洗脳っぽいし信仰の押し売りなだけで信仰心皆無なんだがそれでいいのか神様…w

anime_8949.jpg

軍大学行きで御満悦なターニャだが裏で精強な即応部隊(?)にロックオンされてた。ターニャの受難はこれからも続きそうだ…w


前回プロローグだったが今話(の途中)から1話に繋がるらしい。1~3話でワンセットの構成。個人的には掴みとしても良かったと思うが、初回で切った視聴者さんも多そう。内容的にもそうだし、見事におっさんだらけだしw

anime_8952.jpganime_8953.jpg

希少な女性キャラであるヴィーシャのキャラデザが残念なのも痛い所だったろう。まあ、キャラは良さ気でほっこりしたし個人的には可愛く見れるようになった。お色気は彼女に掛けてる節も見られたし、彼女の活躍も期待。
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1877-2d932fb5
幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」感想
名誉の負傷が癒え、復帰したターニャ。 そんな彼女を待っていたのは功績を認められての栄転であった。 念願の後方勤務に喜ぶターニャだったが、新たに配属された先では欠陥のある新型演算宝珠の試験が待ち構えていた。 度重なる失敗に危険を感じたターニャは転属願いを出すが、そこへ存在Xが介入。 問題のある新型機への恩寵を与える代わりに、神への賛美を強要。 果たして...
幼女戦記「第参話 神がそれを望まれる」
幼女戦記「第参話 神がそれを望まれる」に関するアニログです。
幼女戦記 第3話 『神がそれを望まれる』 きたない、神きたない!!
活躍し過ぎると前線に送られちゃう!軍隊という「会社」において、後方で安穏とした生活をゲットする。そんなターニャはひたすら後方勤務を望んでいる。本国の戦技教導隊。将に理想的な配属先ですね、エリート且つ安全という。幼女を前線に出すのは拙いという上層部の判断だそうで。実にワンダフル!そう思ったのは甘かった。 新型演算宝珠?前回出てきた怪しい博士か。こりゃ安全どころか人体実験の罠が待っていそう。暴走...
幼女戦記 TokyoMX(1/20)#03
第3話 神がそれを望まれる ターニャは戦技教導隊への配属が決まる。優秀な魔導師を最前線で消耗したくはない軍の意向だった。後方支援部隊なのでほくそ笑むターニャ。しかし、そこでは新型演算宝珠の試験運用を任される。開発するドクトルは将に紙一重の存在だった。安全性など度外視した四基の宝珠を同調させる危険な品だった。度重なる爆発と失敗でドクトルを信用しないターニャ、欠陥品だ。これでは最前線のほうがマシ...
幼女戦記 第3話「神がそれを望まれる」
第3話「神がそれを望まれる」 初戦の傷が癒えた頃、帝都の技術指導隊に配属される事になったターニャ。 望んだとおり安全な後方勤務、のはずだった・・・
該当の記事は見つかりませんでした。