悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話「クリュセ防衛戦」

anime_8255.jpg
「(ダメだこいつ・・・早くなんとかしないと・・・)」

誇りだなんだと余計な拘りで余計な事するイオくんにジュリエッタさんの苦労が計り知れなかったが、あの様子だと流石に大人しくなるか。次回で2期前半戦終了みたいだし余計な真似やらせる余裕は無いだろう。

ところで”カルタ・イシュー”という懐かしい名前が出てきた。最後はああいう事になってしまったけど、あれもイオくんみたいなキャラだったな。ただイオくんの方はなんやかんや退場は無いだろうな。カルタさんはああいうキャラでもその最後は悲愴さを出す事にギリギリ成功していたと思うが、イオくんはここまでやっちゃうと死んでも笑いになるレベルだし。そんな方向に徹底する作品じゃないはず。たぶん。

三日月くんがメッチャしんどい様相になった。戦闘後の後遺症とか心配。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1823-4fedabf2
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯37「クリュセ防衛戦」
評価 ★★★ 人の心を知らぬモビルアーマーにわからせてやらねば!           
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)「#37 クリュセ防衛戦」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期)「#37 クリュセ防衛戦」に関するアニログです。
それはダメだ/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ37話感想
 そんなことをさせるくらいなら。 >拍手返信:雪光さん >>イオク様は我々の予想を遙かに超える勢いで引っかき回してくれましたね。  「頭を抱える」とはこのことですね(;´Д`) 撤退が覚醒フラグと思わせてこれだから実に視聴者の気持ちの操縦が上手い。謀略ではなくバカの所業で事態が狂うというのは正に予想外でした。 >>それにしてもはにわさんのジュリエッタ推しはどんなときでも揺...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話 『クリュセ防衛戦』 「バカ」「ギャラルホルンのアホ」当のイオクは自己陶酔。
無能どころか足手纏い、でも悪運だけはある。素晴らしい困ったちゃん振りを発揮するイオク。お前のせいでプラント全滅したんだぞ。本人はそんな事知る由もない。何というか…幸せな人ですね。 そしてマクギリスと対峙したヴィダール。血の気を失って襲いかかると思ったら案外冷静。ジュリエッタの応援要請(イオク何とかして)を聞くと引き下がった。石動死なないで済みましたね。でも捨て台詞は忘れない。カ...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話(第二期12話)
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第37話(第二期12話) 『クリュセ防衛戦』 ≪あらすじ≫ モビルアーマー「ハシュマル」は予想を超えるスピードでクリュセへ向けて進軍を開始する。鉄華団とマクギリスはなんとかそれを防ごうとするが、アリアンロッド部隊がその邪魔をする―― 公式ホームページ更新後改訂予定。 (公式HP あらすじ より抜粋) ≪感想≫ ハッキリ言えば、思って...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #37「クリュセ防衛戦」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第37話を見ました。 #37 クリュセ防衛戦 数で不利な鉄華団はマクギリスに協力を仰ぎ、モビルアーマー掃討作戦を実行に移すのだが、モビルアーマーに対峙したバルバトスに異変が起きていた。 『俺には分からない。自らへの愛を叫び散っていったカルタ・イシューと同じ機体に乗るその気持ちが』 その頃、正体不明のモビルスーツを警戒するマクギリス...
該当の記事は見つかりませんでした。