悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

ろんぐらいだぁす! 第8話「広がる世界」

anime_8021.jpg

160㌔に及ぶオータムライド、スタート。今回サイクリングの描写がかなり省エネだったが、今期は10話まででオータムライド回の前編と後編で終わりは確定だし、次回以降に賭けたのかな。作品的にオータムライド編で終わっても良さそうだが、佐伯さんとかいう人が絡んだ意味が無くなるしなあ。地味なキャラなんで来年の2話に出ても印象薄いまま終わりそうだけど。

取り敢えず今期は切りの良い所で一旦終了に出来そうだが、11話と12話の予定がまだあやふやみたい。キャラに比べて体力のない制作サイドだが完走目指して頑張ってほしい。

anime_8018.jpganime_8026.jpg
谷間の線すら描かれない女が一人。空気抵抗少なそうですね…w

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1809-1d17e59d
ろんぐらいだぁす! 第8話「広がる世界」
評価 ★★☆ どんどん広がっていくな(意味深)       
ろんぐらいだぁす! #8
亜美がロードで、100kmごえに挑戦するお話でした。 亜美たちチーム・フォルトゥーナは、「あずみのオータムライド」というイベントに参加することになりました。そのイベントは競技ではなく、あくまで楽しく走るための企画ですが、それでも当日走る距離は160kmと今までの亜美には未経験の長距離です。 そんな亜美の不安を解消するために、雛子がとりあえず100kmを走破するコースを設定してくれ...
ろんぐらいだぁす!「第8話 広がる世界」
ろんぐらいだぁす!「第8話 広がる世界」に関するアニログです。
ろんぐらいだぁす!第8話
  ろんぐらいだぁす!第8話です。 亜美ちゃん、三ケタの大台を超える。体重じゃないよ。 第8話「広がる世界」 通学にはポンタくんを使っているようです。 戦力外通告はしてないっぽい。 すれ違ったこちらの子は佐伯美弥ちゃん。 アニメでこの子がメインで登場する回までいけるかな? とある講義でお隣さんになりました。 …他にも席はたくさん空いているように見えるが座席が決まってるのかな? 話し...
【ろんぐらいだぁす!】第8話『広がる世界』 キャプ付感想 
ろんぐらいだぁす!第8話『広がる世界』 感想(画像付) 完走すること…大事だねw フォルトゥーナで初参加のイベント。 亜美ちゃんの世界がサイクリングでどんどん広がっていくね! 今回のイベント前後編で年内終了になりそうかな? 途中で続くと2ヶ月待たされるとこだった…! 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
アニメ感想 16/12/10(土) #ろんぐらいだぁす! 第8話、WWW.WORKING!! 第11話 #猫組労働
ろんぐらいだぁす! 第8話『広がる世界』今回は・・・160キロのオータムライドに向けて、100キロに挑戦です。今まで必ずと言っていいくらいトラブルにあっていたので、今回もなんか ...
ろんぐらいだぁす! 第8話「広がる世界」感想
ロードバイクにも慣れ、実力もついてきた亜美は雛子たちの薦めで「安曇野オータムライド」への参加を決意。 これまでにない長距離のコースに不安を抱えながらも、練習がてらに100kmのサイクリングへ挑戦。 亜美は100kmを苦も無く走り切る自らの想像以上の成長に驚くと共に、イベント本番を待ち遠しく思うのであった。 イベント前日。 弥生の運転する車で信州へと入った亜美た...
ろんぐらいだぁす! TokyoMX(12/10)#08
第8話 広がる世界 大学の講義で同じクラスの佐伯と隣になる亜美。自転車にハマっていると1人で話し出す。それを聞いて雛子は自転車乗りを増やしたいと獲得に 満更でもない様子。 あづみのオータムライド出場に向けて亜美に100Km走破の経験を 積ませるコースを設定した。本番は160Kmのコースらしいから。葛西臨海公園駅から出発して上尾の榎本牧場でジェラートを食べて休憩。次にパン工房シロクマで燃料補給...
ろんぐらいだぁす! 第8話「広がる世界」感想 葵ちゃんのハーブティは優しくてあったかい。
たくさん食べていっぱい走ろう!ファーラウェイイェイ!! 160kmを走る安曇野オータムライドに参加する前に、亜美に100km越えの踏破経験を積んでもらおうと、葛西臨海公園から走り出したチーム・フォルトゥーナ。 平坦な道が続くそのコースで亜美の中にあった漠然とした距離への不安は、美しい景色と美味しいご褒美に彩られながら、いつしか霧散して行ったようですね。 そしてその経...
該当の記事は見つかりませんでした。