悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

灼熱の卓球娘 第十球「わたしの卓球」

anime_7953.jpg
気持ちいいとこ探しな娘はそれはそれで良いとして、くるりの竜巻(の演出)の正体は異常な程のカーブドライブ。柘榴と2人で編み出した思い出の技で2人の絆の象徴。そのカーブドライブを軸に描かれるくるりの成長(進化というべきかしら)が印象的でした。


anime_7956.jpganime_7949.jpganime_7950.jpganime_7916.jpg

自分は柘榴の憧れの存在でなければならない、勝たない自分に価値は無いと、カーブドライブで負ける事より兎に角勝つ事を優先させようとするくるり。そっからのくるりはヒーコラな喘ぎや空振りやらハッキリ言って無様。そんなくるりの目を覚ました柘榴。彼女は何もくるりが勝つ事を望んでる訳では無いんだな。これがくるりの間違い。最初から言ってたはず。「二重丸さんの卓球が好きだから!」と。1番の友達料だか何だかと勝つ事に拘っていたくるりは独りよがりでしかなかった。


anime_7919.jpganime_7942.jpganime_7924_20161206234523eea.jpganime_7951.jpganime_7958.jpganime_7943.jpg

それからバカの一辺倒に外れるカーブドライブを繰り返すくるり。その様相もぶっちゃげ無様。けど、最後の一打は違った。足を踏ん張り大きく仰け反り思いっきり体を捻るくるり。その様相は無様にも美しくて(決して意外にもデカかった胸の事では無いぞ)。そして最も大きくカーブを描くカーブドライブがまた痺れる。自分の好きな卓球、好きな人(笑)と2人で作り上げた大好きな技。間違って遠回りした末ようやく気付いた想いをガッツリ乗せた上に竜巻が球に宿った、まさにくるり渾身の一打。かっこよすぎだろ。独白相まって感動しちゃったw


anime_7938.jpganime_7947_2016120623260941a.jpg
誰だおまえwww

ラストに相応しい熱い試合。その後まで描かれて面白かった。綺麗に洗浄されて笑ったけど、独りよがりだったくるりが檻から出てこれて何よりだ。まさか1話で終わるとは思わなかったけどな。次は合宿らしいが残り2話でどういう終わり方するんだろ。
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1804-8febc301
灼熱の卓球娘「第十球 わたしの卓球」
灼熱の卓球娘「第十球 わたしの卓球」に関するアニログです。
アニメまとめてプチ感想(卓球娘・ろんぐらいだぁす・ステラのまほう)
灼熱の卓球娘 第10話 こよりちゃん、ラスボスくるりを撃破! 雀が原が3勝2敗でもず山に勝利となりました。 試合ルールをフル活用したこよりちゃん。 時間をかけてカーブドライブを見事攻略。 あがりちゃんとの百合百合練習の成果が出ました! ざくろ部長のためだけに、とにかく勝つ。 卓球マシーンと化していたくるり嬢。 本来の自分を取り戻し、目に光が復活! この演出はうまかったで...
灼熱の卓球娘 第10話「わたしの卓球」感想 勝ち負けを超えて自分の卓球を極めようとする二人が灼熱すぎるよ!
気持ちいいところに当たるといっぱい跳ぶんだ…。 くるりに2セット先取されたこよりは、勝ち負けよりもくるりのドライブ攻撃に目をキラキラさせているようでした。 しかしそんな彼女にあと1セット落としたら負けと、頬っぺたを引っ張るあがりのおかげでドライブ球への対策が浮かび上がって来ましたが、気持ちいいところ探しの特訓とは、思わず聞き耳を立てたくなる響きですね。 そして二人の...
灼熱の卓球娘 テレ東(12/05)#10
第十球 わたしの卓球 残念ですね、あなたのドキドキ、私には届きません。東のドライブマン、二重丸くるりのカーブドライブ。強力な横回転を与えて打球が左に逃げる。それを打ち返しても強力なスピンで曲がってしまう。6-0とこよりを圧倒するくるり。これで今までの対戦相手は戦意消失してました。でもこよりはドキドキしていた。次は私の卓球であなたもドキドキさせます。11-3でゲームを先取され次のゲームも連取さ...
該当の記事は見つかりませんでした。