悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

Vivid Strike !  第10話「雨」

anime_7884.jpganime_7885.jpg
なんだこいつら・・・

肋骨か胸骨か折れたとか言いながら神の一撃だ当てたら急所だなんだと意気揚々と解説する外野の気が知れない。公式戦でもない筈だが、何でスルーして平然と出来るんだろ。安全第一のプロ仕様だから大丈夫って事だろか。にしても恐ろしい様相だった…

anime_7878_20161204194710b74.jpganime_7865_2016120419470819e.jpg
ブッサイクだな…w

ベルトホイホイリンネを殴って説教する回。別にリンネは他人を見下してるように見えなかったけどなあ。結局はイジメっ子3人が元凶な気がしなくもない。ってか、フーカの言ってる事が若干空回ってる気がする。ってか、(前回記事にちょっと書いたが)リンネに比べてこれまでフーカに積み重ねがほぼ無いのは痛い。主人公なのに単にリンネと戦わせる為だけの人という印象が強い。今回その辺りフォローされて幾分埋めれたが、もっと早くから2人の関係を掘り下げてても良かったかも。

まあ、雨の演出といい演技といい、展開的にはベタながらもやりたい事はしっかりやれてると思うし、ちゃんと面白かった。あと、フーカはどうやらラーニングの才能とゲンコツの硬さに恵まれた天才肌らしい。まあこうでもしないとリンネの相手にならないだろうし、これはいいや。
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1802-1a42b520
ViVid Strike! 第10話「雨」感想 リンネの涙も、二人を打つ雨も、フーカの拳で止まるはずなの!
フーカVSリンネ。 フーカの想いを拒絶するリンネに、かつてのフェイトちゃんの姿がダブって涙が止まらなくなってしまった。 平成のこの時代に殴り合って友を助けようとしたり、わかり合おうとする作品を見ることになるとは、ViVid Strike!の放送が始まるまで全く予想もしていませんでした。 しかも可愛い女の子がです。自分の内向きさが最悪の事態を招いたとリンネは自らを苛み続け...
ViVid Strike! 第10話「雨」感想・考察
拳を交えながらフーカの本心とリンネの本音がぶつかり合う。 『ViVid Strike!』で描こうとしたフーカとリンネの物語、目指した強さ、そして大切なものを取り戻すための戦いがはじまる。二人の語りは物語の核心に触れるものであり、二人の出会い、別れ、再会、決別を経て今に至る二人の決着とストーリーが進んでいる。この試合の後にある未来の道がどうなるのか、二人は答えを出そうとしているのだ。 タイ...
ViVid Strike!第10話「雨」レビュー・感想
辛いことや後悔があるなら誰にも言えんことがあるならワシが半分背負ってやる!お前を苦しめるものがあるならワシも一緒に戦ってやるだからワシの大好きな幼なじみのことを自分の ...
ViVid Strike! ♯10「雨」
評価 ★★☆ 史上最強の弟子        
アニメ感想 16/12/03(土) ViVid Strike! 第10話、#ブブキ・ブランキ 星の巨人 第22話 #vivid_strike
ViVid Strike! 第10話『雨』今回は・・・リンネとフーカの試合です。もはや、戦いと言うよりはただの幼馴染同士の喧嘩ですけどね。ちっちゃい頃はあんなに仲良くて可愛かったのに。勝 ...
Vivid Strike TokyoMX(12/03)#10
第10話 雨 拳で会話する2人。リンネは自分の気持ちは誰にも分からない。誰にも伝えないから分からない。フーカにはリンネの気持ちが分からない。嫌なことから逃げているとしか見えない。強くなれれば良い、競技には興味はない。家族ができた、大好きだった、でも愛情を裏切ってしまった。悪意を持って踏みにじった奴が居る。辛い過去から逃げているだけ、世界中が敵に見えているのか。 フーカにはアインハルトの古流武...
ViVid Strike! #10 「雨」
== 止まない雨と見えない道 ==  どうも、管理人です。何だかんだで本日記事を書くのが3本目なんですけど、これでもまだもう一本未完成の奴があるという…。正直、そちらまでやろうとすると何もできなくなりそうなんですが、どうしましょうか(汗) === リンネ:「ないよ。私が勝つ」 ===  今回の話は、フーカの実力とリンネの闇を描いた話。この作品のメインにあたる部分でもあるだけに、...
該当の記事は見つかりませんでした。