悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

終末のイゼッタ 第7話「ゾフネフィヨルド海戦」

anime_7228.jpganime_7208.jpg

魚雷引き連れるイゼッタの絵面にグラディウス思い出した。敵の物量の凄さと情報漏洩(スパイ?)に苦戦するイゼッタ。弾が当たらないかヒヤヒヤものだったが(笑)、機転で逆転。爽快感あり見応えある良い戦闘シーン、面白かった。

anime_7230.jpganime_7206.jpg

ポーカーと同じように魔女の秘密も看破される話。レイラインは結構ムラがあるようで。まあ、イゼッタの妙な動きの原因がレイラインという事までは分からないか知れんが、レイラインの地図が敵の手に渡れば完全にバレるか。ベルクマンにとって今回の戦闘は魔女の秘密を探る為に過ぎなかったらしく、勝ったようで寧ろ負け。前の戦闘ではハッタリで騙してたが、今回は逆だった。凄い高いハッタリ料金だなw

ちなみに魔女の真実というのはレイラインの地図の事だろか。それとも地図以外に何かあるのかな。


anime_7181.jpg

以前イゼッタが保管されてた(?)カプセルが再び出てきた。イゼッタが最後の生き残りという事だから中身は人工的な魔女だろうか?実は本物の魔女が他に生存していたという可能性もありそうか。何にしろ厄介な代物で、イゼッタという味方サイドの強みが無くなりそうだ。魔女バトルが見れそうだがどんな様相になるか期待しとこう。


anime_7182_20161113165438f23.jpganime_7183_2016111316564817f.jpganime_7229.jpganime_7177.jpg
よいではないかよいではないか~w

姫様好き過ぎてムラムラだなイゼッタは。事後とかこっちまでムラムラするw
色んな意味でムラムラな回だった…。
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1769-be7e42e0
終末のイゼッタ #7
白き魔女の実力を示すために、イゼッタがゲルマニアの空母と戦うお話でした。 まだ艤装は完全ではありませんが、ゲルマニアは1隻の空母を戦場へと投入してきました。その存在は、周辺国家にとって脅威となりうるものでした。その対応のため、同盟国の代表が集まって会議が行われていました。その会議の場に、イゼッタとフィーネが現れました。彼女たちは、白き魔女の実力を示すために、空母を撃沈してみせると宣言し...
アニメまとめてプチ感想(金色毛鞠・イゼッタ・こねこのチー・ろんぐらいだぁす)
うどんの国の金色毛鞠 第6話 東京に戻った宗太、ポコちゃん連れてきた^^; まあしょうがないですね…香川に置いてくるわけにもいかんし。 社長のダーハマさんすっげえいい人ー! こういう人が上にいる会社は潰れないんだろうなあ。 宗太って戦力としてかなり中心的な存在だったのね。 会社に辞表を出し、香川でやっていくことを選んだ宗太。 うどん作りについに取り組む展開か。 ポコちゃんのこ...
終末のイゼッタ「第7話 ソグネフィヨルド海戦 Die Seeschlacht im Sognefjord」
終末のイゼッタ「第7話 ソグネフィヨルド海戦 Die Seeschlacht im Sognefjord」に関するアニログです。
【終末のイゼッタ】第7話『ソグネフィヨルド海戦』 キャプ付感想
終末のイゼッタ 第7話『ソグネフィヨルド海戦』 感想(画像付) イゼッタちゃんと姫様のゆりゆりなベッドシーンは可愛かったですね♪ もっとイチャイチャする二人が見たいですw 同盟国を動かすため空母撃破に向かうイゼッタちゃん。 罠を張っていたゲルマニア空軍との空中戦すごすぎる!! ベルクマンに魔法の弱点を見つけられた感じで、この先苦戦しそう。 そして、もう一人...
終末のイゼッタ TokyoMX(11/12)#07
第7話 ソグネフィヨルド海戦 ゲルマニアがスカンジナビア半島のノルドに偽装空母を配置した。ブリタニアでヨーロッパの同盟国が集まり話し込んでいた。出来ればアトランタ合衆国に参戦して欲しい。国民が納得しないし参戦を許可しない。 その会議にゲストとして招かれたフィーネ大公。白き魔女イゼッタの力を各国の要人に披露する。確かにイゼッタの力はレイピアのようなもの。ゲルマニアを撃墜するには各国の協力が必要...
終末のイゼッタ 第7話「ソグネフィヨルド海戦」感想 まるで幼い日の二人に戻ったようなベッドでのじゃれあい。
平和な世の中だったらずっと一緒に楽しんでいられたのに… なぜ時代はフィーネとイゼッタに戦いを強いるのか。 ゲルマニア帝国の空母・ドラッヘンフェルスの動向をはじめ、今後について話し合う各国の要人たちの前に現れたフィーネは、ブリタニアの地まで魔女イゼッタの力でやって来たと言う。 そしてその魔力を披露するイゼッタに要人の中から、たった一人では全体の戦局を変えることは叶わないと...
該当の記事は見つかりませんでした。