悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

アルスラーン戦記 風塵乱舞 第二章 王者対覇者

猛る殿下。危なっかしいなあ。なんか殿下が打って出る事も見越してたナルサスヨイショな話のようだが、流石に無理ないかい?ギーヴ来なかったら結局討ち取られてたぞ…w


anime_5884.jpg
(´・ω・`)5万ならダリューン1人で事足りるじゃんよ…

そりゃないぜパパ…、の巻。殿下は事実上追放という訳だが、兵はパパが接収するとして、ダリューンとかの殿下大好き将軍達はどうなるんだろ。次回予告で殿下はボッチぽかったけど、過去にナルサスを追放した事あるし、今回意見してきたダリューンも追放するかも。エラムやアルフリードとか殿下に付いて行っても良さ気だけどな。将というには微妙だし、パパはガキンチョ嫌いな人に思うし。

兎に角、パパと殿下はこれからも相容れる事は無いだろうな。仮にも親子だしメンタル的にも殿下にとってパパは最大の壁になりそうだ。どうなる事やら。

anime_5883.jpg

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

4 Comments

なち says..."Re: 孟徳さん"
コメントありがとうございますー

> 原作既読組としては、ちょっと泣きたくなる話でした。いくらなんでも、2話で4巻の残りと5巻ほぼ全部をやるとは思わなかった…一応来週は、5巻の最後をじっくりやるのかな?
> エピすっ飛ばして、結果だけ見せられた感じです。おかげでトゥラーン軍の強さも、ジムサの強さも、トゥースの堅実さも、ギスカールとアンドラゴラスの駆け引きも、ルシタニアの実状も、ほとんどわからない…
>

おおう…、原作ではそんなに描かれてるんですか。
詳しくは原作読んでね!って事なんでしょうかねw

> アルスラーンが突撃して、それをナルサスが読んでいたのは原作通りですが、危機一髪だったのは読み違いで、「危うく有害な戦をするところだった」とはナルサスの弁。
> 演出も結構ひどくて、アルスラーンが助かったのは敵がボーッと見てたからですし。敵の真っ只中に単騎で飛び込むとか、ダリューンならともかく、アルスラーンはやってはダメでしょう。しかもそのせいでジャスワントまで危険に晒してますし。
> あんな事したら、「殿下たくましい!」ではなく、叱らないとダメでしょう、ダリューン。
>

殿下ヨイショして殿下の成長を強調したいのかもしれませんが、
キャラがおかしくなってる感じですかね。

> 特急どころか、リニア並みのスピードで快調に飛ばしてます。
> ある程度予想はしてましたが、予想以上でした。
> こんなもんだと、割り切るしかないですね。
> まあ楽しみにはしてますが(笑)

今期は8話のみというのもありますしね、
仕方無い事かもしれません。
まあ、原作未読の身としてはとりわけダメージも無いですし、
私も最後まで付き合う所存です^^
2016.07.13 18:55 | URL | #nry6KILQ [edit]
なち says..."Re: 白黒ウサギさん"
> はじめましてこんばんは。
>

はじめましてー。
TB&コメントありがとうございます。

> >(´・ω・`)5万ならダリューン1人で事足りるじゃんよ…
>
> これ笑ってしまったのでコメントさせていただきましたw
> 確かに、1ダリューン(兵5万)でしたね。
>

確かダリューン本人が「5万くらいなら俺一人で~」とか言ってましたねw

> 予告のぼっち殿下、気になりますね。
> ギーヴは立場が適当だし、ナルサスは元々嫌われてるから着いてこれそうだけど。

パパ次第なんでしょうかね。
とはいえダリューン達が殿下をほっとく筈無いと思うんですが、
どうなる事やら…
2016.07.11 22:34 | URL | #nry6KILQ [edit]
孟徳 says...""
更新お疲れ様です。

原作既読組としては、ちょっと泣きたくなる話でした。いくらなんでも、2話で4巻の残りと5巻ほぼ全部をやるとは思わなかった…一応来週は、5巻の最後をじっくりやるのかな?
エピすっ飛ばして、結果だけ見せられた感じです。おかげでトゥラーン軍の強さも、ジムサの強さも、トゥースの堅実さも、ギスカールとアンドラゴラスの駆け引きも、ルシタニアの実状も、ほとんどわからない…

アルスラーンが突撃して、それをナルサスが読んでいたのは原作通りですが、危機一髪だったのは読み違いで、「危うく有害な戦をするところだった」とはナルサスの弁。
演出も結構ひどくて、アルスラーンが助かったのは敵がボーッと見てたからですし。敵の真っ只中に単騎で飛び込むとか、ダリューンならともかく、アルスラーンはやってはダメでしょう。しかもそのせいでジャスワントまで危険に晒してますし。
あんな事したら、「殿下たくましい!」ではなく、叱らないとダメでしょう、ダリューン。

特急どころか、リニア並みのスピードで快調に飛ばしてます。
ある程度予想はしてましたが、予想以上でした。
こんなもんだと、割り切るしかないですね。
まあ楽しみにはしてますが(笑)

では失礼しました。
2016.07.11 01:04 | URL | #- [edit]
白黒ウサギ says...""
はじめましてこんばんは。

>(´・ω・`)5万ならダリューン1人で事足りるじゃんよ…

これ笑ってしまったのでコメントさせていただきましたw
確かに、1ダリューン(兵5万)でしたね。

予告のぼっち殿下、気になりますね。
ギーヴは立場が適当だし、ナルサスは元々嫌われてるから着いてこれそうだけど。
2016.07.10 22:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1628-30eb32d9
アルスラーン戦記 風塵乱舞 第2話 『王者対覇者』 トゥラーン王と激突!でも真の厄介事はその後!!
アンドラゴラスがギスカール連れて逃亡。そのまんま首都に留まるのかと思ったら逃げた。まあルシタニア兵で一杯ですから落ち着かないという事なんでしょうね。当然追っ手がかかりますが、ギスカールぶん投げて逃げ切った。いい歳なのに王様無双し過ぎです。そしてこれはアルスラーンにとって面倒なことになりそう。王が生きていたら王子はどうなるの。 トゥラーン国王トクトミシュ。こちらも王が出張ってきましたね。何とし...
アルスラーン戦記 風塵乱舞【第2話 王者対覇者】感想
☆第2話 王者対覇者  アルスラーン、毎回素晴らしい〜。今回も波瀾万丈で1話の内容が濃くて面白かったです。 今回の見どころは、脱出したアンドラゴラス三世のその後の行動と、パルス軍対トゥラーン軍の決着です。大迫力の戦闘シーンは必見ですよ! あと…宝剣をルシタ…
該当の記事は見つかりませんでした。