悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

ラブライブ!サンシャイン!! 第2話 「転校生をつかまえろ!!」

anime_5881.jpganime_5882.jpg

3人目。梨子がクール系に見えて割と表情に出る人で可愛かったけど、本家の時も感じてたが何というか相変わらず感動シーンがやや強引というかピンと来ないというか。まあ、キャラの掛け合いなどテンポ良く賑やかで楽しめた。

ピアノに歌に初っ端からハイスペックなキャラが加入。2年トリオで作詞、作曲と衣装やるようで、となるとダンス振り付けは誰だろ。今んとこ候補らしい人は隠れミューズガチ勢の「ですわ!」生徒会長かな?エリチカと見た目が被る金髪3年生も気になるが、大穴でヨハネの可能性も?厨二病のせいか良く動くし(騒がしいとも言う)、公式のキャラ紹介も1人だけ痛く踊ってる感じだし。…そのくせ結構メンタル弱いっぽいw


ダイヤ生徒会長がスクールアイドルに反対なのは何故だろ。エリチカに比べて遥かにチョロそうだが、それほど深刻な事情があるのかな。それ解決したら済し崩し的にルビイちゃんも加入しそうだが、その事情がメンバー集めで1番の壁かも。それにしてもこの姉妹の親は何でこんな名前付けたんだろ…。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1627-e0e9e857
ラブライブ!サンシャイン!! ♯2「転校生をつかまえろ!」
評価 ★★★ 海未の音……        
ラブライブ!サンシャイン!! #2 転校生をつかまえろ!
μ'sは一般教養
ラブライブ! サンシャイン! 第2話 「転校生をつかまえろ」 感想
梨子の過去にあったこととは?
ラブライブ!サンシャイン!! 第02話 感想
 ラブライブ!サンシャイン!!  第02話 『転校生をつかまえろ!』 感想  次のページへ
アニメ感想 16/07/09(土) #ラブライブ! サンシャイン!! 第2話、#Rewrite 第2話
ラブライブ! サンシャイン!! 第2話『転校生をつかまえろ!』今回は・・・今回もメンバー集めですね。果たして何話で全員揃うのでしょうか?下手したら、メンバー集めだけで1ク ...
ラブライブ!サンシャイン!! 第2話「転校生をつかまえろ!」感想
「μ’s」に憧れてスクールアイドル部を創設しようと一念発起した千歌だったが、メンバーが集まらない上に生徒会長の強い反対により難航。 そんな中、転校生である『桜内 梨子』に運命的な出会いを感じて勧誘をするが断られてしまう。 千歌は梨子の拒絶にもめげず、尚もしつこく勧誘を継続するが溝は深まるばかり。 一方、生徒会長のダイヤは「μ’s」に憧れるものの、「μ’s...
ラブライブ!サンシャイン!! #2「転校生をつかまえろ!」
ラブライブ!サンシャイン!! #2「転校生をつかまえろ!」です。 今まで『ラブラ
ラブライブ!サンシャイン!! 第2話
  ラブライブ!サンシャイン!!第2話です。 スクールアイドル部の準備を進めています。 第2話「転校生をつかまえろ!」 どうしても曲を書ける子が欲しくて梨子ちゃんを勧誘しています。 さっぱり進展なし。 少しずつ進んでいるのもあるっぽい。 デデン。 曜ちゃんはデザインが得意っぽい。 千歌ちゃんはアイドルっぽい衣装がいいっぽい。 こちらも進展なしw 千歌「最初は3人しかいなくて大変だっ...
ラブライブ! サンシャイン!! 第2話 「転校生をつかまえろ!」 感想
朱に交われば赤くなる―
手を伸ばせばきこえる【アニメ ラブライブ!サンシャイン!! #2】
アニメ ラブライブ!サンシャイン‼ 第2話 転校生をつかまえろ! 一歩の勇気 手を伸ばせば きっと青春がきこえる
ラブライブ!サンシャイン!!  第2話 転校生をつかまえろ!
音ノ木坂学院時代、ピアノコンクールに出場する梨子ですが、不安げな表情。 そして、手は震え、引き出す事も出来なかった苦い記憶。 梨子は何かを抱えているようですが、 ...
ラブライブ!サンシャイン!! BS11(7/09)#02
第2話 転校生をつかまえろ! 音ノ木坂学院から転校してきた桜内梨子。スクールアイドルには参加しない。千歌は作曲が唯一可能な彼女は諦められないと追いかけ回す。猛アタックであと一歩だから。実はピアノコンクールで突然怖くなって演奏を取りやめたのだった。その時の曲が海の音を聞ければ再び演奏できるのではと考えた。環境を変える意味でも転校してきたのだった。 そして千歌は生徒会長のダイアにも再びアタックし...
該当の記事は見つかりませんでした。