悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

(;´Д`)僕だけがにぶい街? ~僕だけがいない街 第十話 歓喜~

ボッチ救済作戦でダイジェストばりにカップル成立。まるで『出会って4秒で合体』見てるようだ。


anime_4635.jpganime_4636.jpg
やはり八代。ってか大方の予想通りか。特に後半は如何にも怪しい描写が散見してた感じだし疑うのは簡単か。とはいえ、悟との会話のだんだん雲行き怪しくなっていく雰囲気は良かったと思うし、本性顕にしてからも良い感じにゲスい。


ただ、対する悟の反応というか演出というか、ちょっと首を傾げる様相。あんだけ伸びるシートベルトなら子供なら抜けれるだろとか、あんだけベラベラ自白してるのに(例えばサイドブレーキかけたりハンドル取って切ったりとか)暴れも抵抗もせず、信じきってたとかナントカって(まあ”信じる”事への伏線はあったが)29歳にしては鈍すぎないかとか。なんだかそんな事ばかり気になって緊張感無かった。絶望的なシーンならもっと上手くやってほしかったかな。


溺れて走馬灯見る羽目に。まだ話数残ってるしリバイバルかしら?けど、もしあのまま溺れて少年悟が死んだとしたら未来に悟はいないのでは?どうなるんだろ。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1478-58b5ad59
僕だけがいない街 第10話 「歓喜」 感想
八代先生が卒業式に言った名言。 「足りない何かを埋めて行くのが人生」 先生に足りない物とは?
僕だけがいない街 #10 「歓喜」
== 邂逅と分岐点 ==    どうも、管理人です。書き始めた時点で、かなり時間が押してると思ったら、むしろそれどころじゃなくなってるので、遅ればせながらで急いで執筆。そのせいか、ちょっと雑になってるかもしれないので予めご了承ください。 === カズ:「アジトは男のロマンだ!」 ===  今回の話は、ついに明らかになった真犯人を描いた話。常々尺の心配について言及してましたが、...
僕だけがいない街「第10話 歓喜」
僕だけがいない街「第10話 歓喜」に関するアニログです。
僕だけがいない街 第十話「歓喜」
僕だけがいない街の第10話を見ました。 第十話 歓喜 彩と接触を図った悟達は川の向こうにある「アジト」に立ち入って子供じみた遊びだとせせら笑われるが、カズの子供っぽさを突き抜けた男っぽさに惹かれた彩がアジトを訪れる。 「あの2人がくっ付くなんて不思議だね」 「中西彩の件はこれで一件落着ってことかな」 広美も含め、殺されるはずだった三人は犯人のターゲットから外れたもの...
僕だけがいない街 第10話「歓喜」
第10話「歓喜」 雛月を救い、ヒロミを一人にしないよう動いた悟は次に中西彩にアプローチ。
僕だけがいない街 フジテレビ(3/10)#10
第10話 歓喜 3人で中西彩に話しかける。子供っぽい、ヒーロー気取りと言われて感情を露わにしてしまう ケンヤと悟。実はアジトが丸見えで彩は3人を見ていた、馬鹿にされる。アジトは男のロマンだとカズの叫び。暇だったらお前も来てみろよ。その言葉に中西彩が訪れてきた。 カズが彩にベタボレで上手く付き合えていた。ヒロミは両親が働いて一人の時が多いので助かっていた。今度はミサトが浮いて一人になっている。...
該当の記事は見つかりませんでした。