悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

(・・;)局長キャラ崩壊の危機? ~ラクエンロジック 第八話 有罪か無罪か~

局長回。ここでこういう話持ってくるのか。なんだか最終回に持ってきても良い様な話なんで少し意外だった。というのは、人柄は良いが厳しさもある、自分の責務に忠実な上司というイメージのヴェロニカ。組織にとっても重要人物なはず。確かに前回ラストに今回の前振りはあったが、あの辺をもう少し積み重ねても良かったのでは。その上で今回のような話を最終エピソードに纏めても良かったのではと思う。仇敵を目の前に責務と仇の板挟みなヴェロニカが葛藤の末に今回のような行動を取った、という流れならまだ納得感あったと思うんだが、今回のは何だか部下に「冷静になれ」と言ってたそのキャラが急に豹変したように見える。

anime_4413.jpganime_4415.jpg

まあ、1話完結型のエピソードとしては纏まってて良かったと思う。
縁&ケッツーが早速活躍。見た目もキャラも愉快なコンビだが頑張る姿は微笑ましくて応援したくなるね(´∀`)

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1457-d6533750
ラクエンロジック 第8話 『有罪か無罪か』 人類側も結構エグい。
パラドクスジャックで人格破壊。ベロニカの教官だったアッシュ・パクストンは植物状態。北海道の実験棟で厳重隔離の身の上。その原因となったフォーリナー・ベルバの暴走。居てもたっても居られないのは分かります。でも仕事ほっぽりだして行くとは思わなかった。辞表とは古風な。そもそも日本人じゃない(多分)のに辞表とは。やはりフォーリナーは一歩間違えば危険。ルシフェル放置も如何なものか…とこの時...
ラクエンロジック TokyoMX(2/27)#08
第8話 有罪か 無罪か 札幌管区に同時多発するフォリナー。アッシュが知らぬ間に移送されていた。札幌管区から出動要請が届く。局長宛に辞表を提出していたヴェロニカ、剣が彼女を追う。 アッシュを追いかけて氷結のヴェルヴァが出現した。おかしいとは思わないかい?ユカリがトランスしてアテナと剣を運ぶ。剣が札幌支局に到着するが、ヴェロニカは既に出発していた。そこはかつてALCAの研究施設があった実験棟だっ...
該当の記事は見つかりませんでした。