悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

(;´Д`)僕だけがいない風呂 ~僕だけがいない街 第八話 螺旋~

風呂から聞こえる女子小学生と母親のキャッキャウフフに悶々とする29歳。お前いっつも「しっかりしろ29歳」て言ってるなw


anime_4401.jpg
風呂でスキンシップ、妙な並びの川の字、手作りの朝食…。どこまでも感じる母の温もり、暖かい空間。

実母はあんなんだが、そんな母でも本当は心のどっかでそういった事を求めてたんじゃないかな。思い出し堰を切ったように泣きじゃくる加代ちん。まあ、解釈は人それぞれかと思うが、何れにしろ、大袈裟にデカい涙粒にありったけの想いが込められてるような。そんな想いの重さそのままに零れ落ちるような。ドストレートな演出がドストレートに胸を打つ。堪らず貰い泣きしちゃった。これはあかん。きっと何度見ても泣きそう(´ノω;`)

それにしても一体何手先まで読んでんだ悟ママは(笑)。けど、ぶっちぎり怪しい八代先生に連絡とったのが気掛かり。もし八代が犯人なら誘拐犯に仕立て上げられたりしそう。まあ、まだ八代が犯人という決定的なものは無いし(だよね?)、先手先手を打つ有能っぷりが裏目に出なければ良いが。
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1455-076c0eaf
僕だけがいない街 第8話 「螺旋」 感想
犯人は何もせずに去って行きました。
僕だけがいない街 第8話「螺旋」感想
あったい朝ごはんが加代の不遇な運命を断ち切ってくれるといいなあ。 夜中に廃バスの隠れ家に現れたのは真犯人だったのでしょうか。 ダンボール箱を怒ったように蹴る音にビクッとしてめちゃくちゃ怖かったですが、そのまま何事も起こらずに引き上げて行ったのでほっと胸を撫で下ろしました。 しかしその後みんなでバスに集まり、不審者が夜中に現れた事を聞いた悟は、その者が蹴った箱から覆面をは...
僕だけがいない街 第8話 「螺旋」 感想
藤沼家での朝食の場面が良かったですね。 それにしてもこの29歳はいろいろとダメですね。 川の字で寝るシーンの「うん」はもう……(笑) 自宅に帰らずに廃バスの隠れ家で過ごす雛月と、 それをサポートする悟たち。 雛月を自らの手で失踪させ、警察や役所の介入を 招くことで母親や誘拐犯から遠ざける、それが悟が 描いたシナリオだ。 悟やケンヤの予想より周囲の大人たちの反応は鈍く、 ...
僕だけがいない街「第8話 螺旋」
僕だけがいない街「第8話 螺旋」に関するアニログです。
僕だけがいない街 第8話 「螺旋」
あったかいごはんは卑怯だろ…(涙) “ほほをつたう”というか、あふれるというか… なんか自分が構えていた以上に泣けてしまった。 演出はもちろん、悠木碧の素晴らしい演技力も大きい。 でも、加代に感情移入したのではなくて(そもそも出来るわけない 「朝食にあったかいごはんが出てくる」 そのありがたみに涙したんだ。 自分がいかに恵まれていたか。「当たり前」という...
【僕だけがいない街】第8話『螺旋』キャプ付感想
僕だけがいない街 第8話『螺旋』 感想(画像付) 危なかった! 雛月を隠してる廃バスが犯人が道具を隠してる場所だった。 悟の家に匿うことにするが、妖怪なママンは悟の行動などバレバレだったw 頼もしい母を味方につけ、雛月の母と対決。 今度こそ雛月を救えるのか? 八代先生が何か行動してるのが嫌な予感がするんですけどね。 やっぱり怪しいよねw 以下、感想はつづきから ...
僕だけがいない街 第八話「螺旋」
僕だけがいない街の第8話を見ました。 第八話 螺旋 悟と賢也の予想より周囲の大人達の反応は鈍く、不登校が続く加代に対して対策が成されぬまま数日が過ぎる中、佐知子や八代だけが悟の行動の変化から事態に気がつき始めていた。 1人だけバスに泊まっていた加代から話を聞いた悟達は荷物を調べると、荷物の中身は、ロープ、長靴、練炭、目出し帽などであった。 この時、悟はバスのある泉水小...
僕だけがいない街 第8話「螺旋」
第8話「螺旋」 廃バスを隠れ家にして雛月を匿う悟たち。 深夜、雛月が眠る廃バスにやってきた人物とは?
僕だけがいない街 フジテレビ(2/25)#08
第8話 螺旋 バスを訪れた人物。荷物を置いて段ボール箱を蹴って去っていく。 翌朝、母親は既に朝食を準備していた。悟の行動を見透かしたように訪ねる、悪いことはしていないか?お腹が空くだろうとお弁当まで準備していた。バスで生活する加代を訪れる。加代がお弁当を食べ終わって登校する悟。お弁当には母親から手紙が添えられていた。 今日も休みの加代、八代先生は母親に電話を掛けていた。電話に出ないらしいが悟...
該当の記事は見つかりませんでした。