悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

(;`ω´)絶対に笑ってはいけないメリィちゃん24時 ~灰と幻想のグリムガル Episode.6「彼女の場合」~

過去にマナトはハルヒロの長所を言わず終いだったが、リーダー気質を見抜いてたのかねぇ。


anime_4247.jpganime_4241.jpg

以前はマナトっぽい役割してた有能メリィちゃん。けど、それがいきすぎたのか肝心な時にMP切れで仲間を死なせてしまいパーティーは崩壊。今のつっけんどんな態度はそんな経験と自責の念から出来上がったもの。そんで笑ってはいけない縛りやってるメリィちゃん可愛い。ちなみにランタを回復しないのは擦り傷だからというよりガチで嫌いだからじゃないか?w


外面はつっけんどんでも、過去の悲劇の経験からか、実は探索中でも戦闘中でも常に周囲を見ているメリィちゃん。パーティーに気を配ってるハルヒロの事もしれっと。そして仲間を”見る”事を怠ってた事に気づいたハルヒロ。メリィちゃんを見て、彼女は戦闘における役割を自任してしっかりそれを果たしている事に気付く。お礼言うハルヒロに動揺するメリィちゃん。ハルヒロは何のお礼か言わなかったが、彼がちゃんと自分を見てた事に気付き動揺しただろう。ちょっと嬉しかったかも。ランタにボケっとすんなと言われてたし(笑)、何より以前のパーティーでもメリィちゃんをちゃんと見てた人いなかったって話だし。ってか、頼りになる人いなかったっぽいな、あのパーティー。

結果、微かにデレた心開いたようなメリィちゃん。ハルヒロなら頼りにして良いかも?ってとこかしら。ハルヒロのリーダーとしての微かな成長と、そんな彼に微かに心開いたようなメリィちゃん、そして微かに前進したパーティー仲。全てが本当に微かにだけど、その雰囲気が実に良い。ちょっとほっこり^^

anime_4242.jpg

問題は笑ってはいけない縛りか。メリィちゃんの何もかも自分のせいという考えも驕りと思うが、過去の出来事はトラウマ物だろうし、けどコボルト(だっけ?)倒したら解決って訳でもないよなあ。メリィちゃんに比べると未熟さあるハルヒロ達が成長して、皆が頼り頼られる本物のパーティーになれれば良さ気だけど、それも先は長そうだ…w


メリィちゃんが笑ったその回の記事タイトルは『メリィちゃん、アウトー!』で。

anime_4240.jpg
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1438-362792a5
灰と幻想のグリムガル épisode.6「彼女の場合」
評価 ★★★ さんをつけろよデコ助野郎!            
アニメ感想 16/02/14(日) #灰と幻想のグリムガル 第6話
灰と幻想のグリムガル 第6話『彼女の場合』今回は・・・メリイの過去が明らかになりました。少しずつですが・・・パーティーに馴染んできた?相変わらず冷たいですけどね。メリイ ...
灰と幻想のグリムガル [episode.6] 彼女の場合
灰と幻想のグリムガル episode.6「彼女の場合」です。 『灰と幻想のグリム
【灰と幻想のグリムガル】 第6話『彼女の場合』キャプ付感想
灰と幻想のグリムガル 第6話『彼女の場合』 感想(画像付) メリイちゃんが笑顔を失った理由…。 彼女も前のクラウンで、酷使しすぎて魔力切れとなって仲間を失う悲劇を経験していた。 責任かんの強かったメリィちゃんが笑わなくなる理由も分かりますね。 仲間の死…切ないねー。  以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
灰と幻想のグリムガル TokyoMX(2/13)#06
第6話 彼女の場合 シホルがハルヒロとユメの関係を早とちりしたことを謝る。それを聞きつけたランタが詳細に尋ねる。ユメの不用意な発言が更に妄想を高める。現実を全て聞いたランタはハルヒロにがっかりしていた。 メリィとも仲良くしたいと積極的に話そうとするユメとシホル。ハルヒロも話すが会話が続かない。遂に3匹のゴブリンとも戦闘ができるようになった。負傷して怯むランタとモグゾーに下がるなと叱りつけるメ...
該当の記事は見つかりませんでした。