FC2ブログ

悠遊自適

アニメ感想とか

(;`ω´)鬼畜な兄妹設定 ~シュヴァルツェスマーケン #04~

カティアピンチ時に見失ってたというリィズ。あれは演技か。リィズはテオドールを1人の男性として意識してるのは公式通りで、テオドールとカティアが2人で駄弁ってるのを遠目で見てた描写があったが、テオドールと距離が近いカティアに嫉妬してあわよくば見殺しにするつもりだったのでは。ヤンデレだったか。そんで自分が666中隊に疑われてるのも承知だろうし、きっとその通りシュタージのスパイだと思うの。呼ばれて姿見せなかったら余計怪しまれるし急いで来たフリしてベータさん掃討。あの状況なら見失ってたというのも十分理由になるだろうし、疑惑が減る事はあっても増す事は無いだろう。カティアが死んでもそれはそれでOKで、どう転んでもリィズはおいしい。もしかしてカティア殺害も元々シュタージの命令なのかも。

anime_4112.jpg
前話辺りから舌打ちウザかったテオドールが良い感じになったというか主人公らしくなってきたというか。普通の若者な一面も見れたし陰気臭さが減って良かった。どうやら本作では妹キャラは兄貴を密告すると相場が決まってるようだ。何故あの場で暴露したんだリィズ…w

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1414-80460272
【シュヴァルツェスマーケン】 第4話 キャプ付感想
シュヴァルツェスマーケン 第4話 感想(画像付) テオドールの義妹リィズはシュタージュのスパイなのか? 疑惑があっては再会も素直に喜べないですね。 そんな中、西側主導の反抗作戦に参加した666中隊。 そこで、西側の戦力と東ドイツの扱いの現実を知ることになる…。 弱小の共産国家は厳しいよね。 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
シュヴァルツェスマーケン テレ東(1/31)#04
第4話 666中隊に東欧から補充衛士が到着する。リーズ・ホーエンシュタインはテオドールが探していた妹だった。母親の親戚、ホーエンシュタイン家に引き取られたテオドール。リーズは義理の妹だった。この時期に送られてきたので部隊ではシュタージのスパイだと 疑われていた。真意を探るのがテオドールの任務の一つになる。 カティアも疑ってテオドールを待っていた。彼女の真意は理解できる、自らスパイの見極めを ...
該当の記事は見つかりませんでした。