悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

(`・ω・´)ゞどーしゅたいいと志 ~シュヴァルツェスマーケン #03~

anime_3999.jpg
相変わらず呼称が誰なのか分り難い。”どーしゅたいい”てアイリスの事なのね。「アイリスディーナで構わん」て言ってたけどそれも長いんすよ…。

anime_3997.jpg
”どーしゅたいい”ことアイリスが兄貴をシュタージに売ったのは兄貴の策。アイリスを反体制派の志を受け継ぐ者として生かす為。カティアのパパも志は同じ。志ってのはシュタージから国を取り戻す事、みたいな。んで、アイリスはシュタージの犬のフリしてその機会を伺ってた。そんな感じ。そんでナンヤカンヤ腹割ってアイリスの同志になりティアを護ると決意したテオドール、って話。2人の目的については他のメンツはまだ知らないって事で良いのかな。けど最後のシーンでアイリスに副官のおっさん着いて来てたし、みんなに打ち明けたのかな。分からん。

anime_3991.jpg
ファムさんは命は助かったもののダメみたいで補充要員が。ってか公式に載ってるが、まああれだけじゃ無いんだろう。早速怪しいし。シュタージサイドの人かしらね。


”地獄のど真ん中”ってベータ相手に頑強に出来てるとはとても思えない様相だったが、よく今まで無事だったな。襲われる度にロボットで助けに来てくれてたのかしら。じゃないと無謀にも程があるぞ…。
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1400-6b7ef461
シュヴァルツェスマーケン
シュヴァルツェスマーケンに関するアニログです。
【シュヴァルツェスマーケン】 第3話 キャプ付感想
シュヴァルツェスマーケン 第3話 感想(画像付) BETAの進行で滅びに瀕する東ドイツ。 そんな中でも希望を失わず国民を救おうとするアイリスたち。 アイリスは失敗に終わったクーデターの意志を託された者だったのですね、 テオドールの妹・リィズが登場。 彼女もシュタージュに使われてるんですかね…。 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。
該当の記事は見つかりませんでした。