悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話「彼等について」

どうでもいいが”フミタン”て可愛い愛称みたいな名前だな。容姿とのギャップ凄いぞ…w

トドの次はフミタンかしら?通信繋げたとかナントカって、この人メイドだよなあ。メイドがそういう事詳しいのか。別にメイドがそういう事知ってても不思議でない世界観かも知れんけど。以前から意味深なとこあり謎の怪我してたし、スパイとかか?皮肉にもと言うのも早いが、そんなフミタンの有能っぷりにあてられたクーデリア嬢が自分にも出来る事があると分かって何より。先生とか最高かよ。私ん中でクーデリア嬢の株がどんどん上がっていくーw

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1279-f2595c3f
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ♯6「彼等について」
評価 ★★★★ その憧憬は重圧              
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ「第6話 彼等について」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ「第6話 彼等について」に関するアニログです。
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #6 彼等について
三日月君、文字を習い始める!
機動戦士ガンダム_鉄血のオルフェンズ #6「彼等について」 感想
大昔のシステムが今でも通用するってどういう世界観なんでしょうねぇ。 まあ現実でも100年前の銃が意外と攻撃力あったりしますが。 戦闘シーンはありませんでしたが、話的に盛り上がりがあったかも。 フミタン・アドモスは、やはり只者ではない感じ。 以下ネタバレあり。
やってみようかな/機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ6話感想
 先週ほぼ戦い通しだったし、さすがに今回はバトルはお休みか。 >拍手返信:雪光さん  恥ずかしながら、オルガとマクギリス、コーラルの「前線に出る出ない」の対比は他の方の感想を見るまで気付けませんでした。ガンダムで指揮官が前線に出ちゃうのはよくあるからなーってなもんでw  昭弘とユージンは開始時はビスケットやノルバほどオルガとシンプルな関係ではなかった故に、今回の対称性は引き立っ...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #6「彼等について」
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズの第6話を見ました。 #6 彼等について 「ガンダムフレームだと?」 「あぁ、厄災戦末期に活躍したガンダムの名を冠された72体のうちの1つだ。個体名はバルバトス」 「ガンダム…聞き覚えはあるが間違いないのか?」 「リアクターのパターンを確認している。あれは専用設計のエイハブ・リアクター2基を搭載しているのがその特徴だからな」 「...
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 彼等について 感想
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 彼等について 感想 先週から宇宙戦が始まった。 ビーム兵器は登場しないので迫力には欠けますが、 なかなか戦闘シーンはよかったのではないかと思います。 ギャラルホルンのマクギリス・ファリド特務三佐は鉄華団を見逃す…
【機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ】 第6話『彼等について』 キャプ付感想
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第6話『彼等について』 感想(画像付) 地球に行く案内人のつてを失い、木星圏を拠点とするテイワズとの接触を考えるオルガ。 三日月の期待に対して行動してしまうというオルガ。 オルガを信じ任せてる三日月という関係が描かれます。 二人で一つといったコンビですが、この先も上手く切り抜けてけるのかな?  
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第6話 『彼等について』感想
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.10.11バンダイビジュえアル (2015-12-24)売り上げランキング: 55Amazon.co.jpで詳細を見る  今週は戦闘がなく、主に三日月を初めとするキャラクターの内面を掘り下げた回になりました。  “静”のイメージが強い30分でしたが、  4...
該当の記事は見つかりませんでした。