悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

(;´∀`)実は私はハミ子ヒロイン ~実は私は 第13話 一緒に帰ろう!~

やはり勘違い。しかし普通に目潰し投げるとは。しかもそのせいで葉子の秘密バレがより疑われるという。イインチョが全力で足引っ張って笑うw


秘密は絶対守ると再び約束しておしまい。初回もそういう始まりだったから原点回帰的な?けど、終盤にきてから恋愛色が濃くなってきてたから、これをオチにすると弱く感じるなあ。まあ、色恋に決着がついたらイインチョが泣きを見る事になるのは確実なんで、これで良かったか。そもそも葉子は自身の恋心にまーだ気づいてないらしい。どっかのニセコイみたいに最後にヒロインが恋心を自覚して終わりかとも思ってたんだけど、この娘の鈍さも相当だ。


そういえば、みかんの出番がマジで無かったな。出番無いキャラをアイキャッチで見せてた訳だけど、校長と明里は毎度のやり取りやってて獅穂も登場してるというのに。ヒロインの1人なだけにハミ子な感じで残念w



全体通してなかなか面白かった。ヒロインの描写がイインチョに偏ってた感じだけど、原作は続刊中みたいだし他のヒロインもちゃんと描かれてるんだろう。変な演出やらチラホラあった気はするが、作風的に弄れるようなものは全く無く終始安心して見れた。時間見て原作一気読みしようかな。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1211-62eda138
実は私は テレ東(9/28)#13終
最終回 第13話 一緒に帰ろう! 巨大コウモリに屋上から連れ去られた白神。救出に紅本先生の新車で渚、獅穂と向かう朝陽。茜校長も同乗していたので、魔力でひとっ飛び。 白神邸に到着、先に身勝手な振る舞いを謝罪する渚。罪滅ぼしに白神救出に助成してくれる。屋敷内に侵入するが父親に発見される。巨大な父親に驚く朝陽と渚。獅穂は幼馴染なだけに知っている。白神葉子本人も現れる。 実は母親が風邪気味で呼び戻さ...
代償ってことで/実は私は13話感想
 これにて夏アニメは終了。明日は秋アニメの視聴予定リストを更新予定です。
該当の記事は見つかりませんでした。