悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

アルスラーン戦記 第二十四章 決戦

ファランギースはナンタラ神のご加護で矢が当たらないという。そうなんだ…。影男がいるくらいだから、そういう魔術の類だったのかな。或いはSLGにありがちな回避スキル的な?ちょうど戦闘描写も兵力差そっちのけの無双ゲーみたいな感じだったし。今回の戦闘はもうすぐ発売の『アルスラーン戦記×無双』の宣伝兼ねてたのかしら?w

いや、敵の裏かいて城門開けて~って展開は別に良いと思うんだけど、余所見して話したり手を振ったり(笑)、なんかちょいちょい変な演出入って興削がれるなあ。無敵ファランギースも何だそれって感じだし。ここ一番の戦闘なのにイマイチ盛り上げきれなかったかな、と。


anime_2287.jpg

その分と言っていいか知らんが、ダリューンとヒルメスの一騎打ちは良く動いて見応えありとても良かった。まあ相変わらず影男の存在が狡すぎてアレだけど。あんな事されたら絶対勝てないじゃん…。2期やるつもりなのか知らんが(たぶん無いと思うけどw)、そうじゃないならヒルメスと決着付けさせても良かったんじゃ?頂いたコメントによると前回からオリジナル展開らしいし。それとも次回に蹴り付けるのかしらん。個人的には後腐れなく終わって欲しいけどなー。


anime_2292.jpg
殿下「キミも男の娘だったのか?!」(チゲ-w

狸吉王子がおっちゃん殺したと勘違いしたエトワール。女バレが狸吉王子にどう影響するのかは分からんが、予告で牢屋に入れられてたから死ぬ事は無さそうで何より。信者の自殺は見てて結構キツかったしな…。


anime_2285.jpg
関連記事
ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

2 Comments

なち says..."Re: タイトルなし"
コメントありがとうございますー


> まあ原作との差異を申しますと、聖マヌエル城の戦いは、本来ヒルメス達はいません。
> 偶然の遭遇戦でパルス軍がルシタニア軍を蹴散らします。敗走してきた兵を見捨てられなかったバルカシオン伯は、城門を閉める指示が遅れたのです。結果、敗走兵だけでなくパルス兵も城内に侵入し、1日で陥落してしまいます。
> その後の信者の自殺は原作通りですが、バルカシオン伯とアルスラーンの絡みはアニメオリジナルです。
> さらっとクバードも参戦してますが、本来この段階では、まだいません。
>

なるほど。なんだか尺が無いんでオリジナルで全部ぶち込んだ感じですねw


> ファランギースはミスラ神の神官ですが、彼女は精霊(ジン)とコミュニケーションが取れる事以外、超常の能力はありません。アニメの演出は流石に吹きました。

やっぱ回避能力がある訳じゃないのか...w


> 暗躍する謎の男達ですが、尊師と呼ばれる男と、7人の部下がおります。うち1人はダリューンにやられたので、部下は残り6人なのですが、今回全員登場したようです。ちなみに尊師はアトロパテネに霧を起こした男です。
> アニメだと、誰が誰だか分かりませんが。ていうか、キャストの名前見るまで、ダリューンが1人倒していた事も分からなかったですけど(笑)
>

ダリューンが1人倒してた事は僕も知らないですw


> 原作漫画の方は、来月4巻が出ます。まだホディール卿の話なので、だいぶ前の話ですが、小説にエピソードを加えつつ、丁寧に描かれています(個人的な感想)ので、もし興味がおありでしたら、一読をおすすめします。
>

もうアニメも終わるし、近いうちに読もうかなと思ってました^^

2015.09.21 00:08 | URL | #- [edit]
孟徳 says...""
こんばんは。

次回予告を見る限り、「俺達の戦いはこれからだ」ENDで確定の模様です。最終話は原作通りっぽいですな。

まあ原作との差異を申しますと、聖マヌエル城の戦いは、本来ヒルメス達はいません。
偶然の遭遇戦でパルス軍がルシタニア軍を蹴散らします。敗走してきた兵を見捨てられなかったバルカシオン伯は、城門を閉める指示が遅れたのです。結果、敗走兵だけでなくパルス兵も城内に侵入し、1日で陥落してしまいます。
その後の信者の自殺は原作通りですが、バルカシオン伯とアルスラーンの絡みはアニメオリジナルです。
さらっとクバードも参戦してますが、本来この段階では、まだいません。

ファランギースはミスラ神の神官ですが、彼女は精霊(ジン)とコミュニケーションが取れる事以外、超常の能力はありません。アニメの演出は流石に吹きました。
暗躍する謎の男達ですが、尊師と呼ばれる男と、7人の部下がおります。うち1人はダリューンにやられたので、部下は残り6人なのですが、今回全員登場したようです。ちなみに尊師はアトロパテネに霧を起こした男です。
アニメだと、誰が誰だか分かりませんが。ていうか、キャストの名前見るまで、ダリューンが1人倒していた事も分からなかったですけど(笑)

原作漫画の方は、来月4巻が出ます。まだホディール卿の話なので、だいぶ前の話ですが、小説にエピソードを加えつつ、丁寧に描かれています(個人的な感想)ので、もし興味がおありでしたら、一読をおすすめします。

正直、このアニメ、2期なかったら酷いんですけど(;>_<;)
伏線張っただけで終わりって…

では、失礼しました。
2015.09.20 23:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1196-52b87bc5
アルスラーン戦記 第24話「決戦」感想
アルスラーン戦記 第24話の感想です ≪あらすじ≫(TVアニメ公式サイトより引用) アルスラーン軍の本陣を襲撃したルシタニアの将。それは、パルスの城内で幼いアルスラーンが出会い、その後、幾度も運命的な邂逅を果たした人物ーーエトワールだった。 敵味方の立場を超え、心を通わせたと思った相手が、憎むべきパルスの王太子であった....... そんな意外な真実を受け止めきれず、とまどい、猛...
該当の記事は見つかりませんでした。