悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

アルスラーン戦記 第十九章 冬の終わり

ヒルメスさんはちと歪んでる部分はあるけど、彼は彼なりに王国の安寧を望んでるっぽい。周りに対する態度から器量の大きさも伺え、狸吉王子と差はあるけど王座を巡るライバルとして良い感じじゃないかしら。17年前の真相がまた有耶無耶にされてて、これ結構引っ張られてる件なんだが、おそらく話を大きく揺るがす決定的な何かだろうな。とりあえずその時までは狸吉パパは生かされそうだ。…存在忘れてたがパパ死んでなかったね(汗)

ルシタニア側のアレコレにサームやクバードなどキャラも描かれ、これからを期待させる1話だったかと。平野の崖の頂上に建てられてる城がギャグレベルだったけど。何であんなとこに建てたのよ…。



anime_2021.jpg
    (*´д`)美しい・・・。エンドカードって何気にファランギース率高いよな。

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1159-186b5cb2
アルスラーン戦記
アルスラーン戦記に関するアニログです。
アルスラーン戦記 第19話 『冬の終わり』 二人の王子が着々と力を...シンドゥラの二の舞い?
話はパルスに戻ります。新たに加わったジャスワントがすっかり馴染んでいる様に見える。エラムとかギーヴは批判的に見えたんですがね。まあエラムは基本的に新参なら誰でも厳しい気がしますが。  ルシタニア内紛。ギスカールと確執の末出て行ったボダンと聖堂騎士団。そのまんまルシタニアに帰ったのかと思ったらザーブル城に居座った。ルシタニアでも持て余しているこいつらを討伐したい。白羽の矢が立ったのが...
該当の記事は見つかりませんでした。