悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

アルスラーン戦記 第十一章 ペシャワールへの道

パパがアンドラゴラスに殺されて自身も焼き殺されそうになったヒルメスという事だが、いくらアンドラゴラスが脳筋王とはいえ、あんな大っぴらに火を放つような真似するかしら?まあ疑われてもおかしくない立場だけど、まだ当分死にそうにないし、実は違いましたという線もありそう?だからと言ってヒルメスが改心するとかそんな空気でもないけど。というか、こいつの目的はアルスラーンとアンドラゴラス殺してここの王になる事なのか?王都にイカれた信者集団が溜まってきてるが、とても言うこと聞く連中に見えんし。まあ金あげれば大人しくなるけど。単に信者集団利用して復讐したいのかしら。よくわかんなくなっちゃった。


anime_1140.jpg

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

1 Comments

孟徳 says...""
こんにちは。

ヒルメスの目的は、簒奪者アンドラゴラスに復讐し、自分がパルスの王位に着く事です。
彼にとっては、簒奪も自分への殺人未遂も、疑う余地のない事実なんですね。故に自分こそが正統の王であるという自負がある訳です。
ただ、パルスが強大であるため、自分だけではどうする事もできない。だからルシタニアを導き入れるんですね。そしてこの人はルシタニアを屁とも思ってないわけです。自分が王になれば、いつでも追い出す事ができると、そう考えているんですね。
なまじ高い能力を持っているので、凄まじい自信があると。他者を非常に見下しています。
アンドラゴラスに良く似ていますね、皮肉な事に。

そして、アルスラーンは全く似ていない(* ̄ー ̄)

では。失礼しました。
2015.06.15 12:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。