悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

アルスラーン戦記 第七章 美女たちと野獣たち

普通に捕まったタハミーネさん。マジかよ。見た所、逃げてた訳ではなく城にいたっぽい。隠し部屋かな?と言っても征服されたらいずれ見つかると思うが(汗)。元々逃げる気無かったとか。知らんが身代わり侍女ちゃん無駄死にじゃないか…。その美貌に近づく男を尽く不幸にする魔性の女のレッテル貼られて、太っちょ王もドストライク。おっさん達にタライ回しカワイソス。ある意味不幸な女だ。まあ何考えてるのかさっぱり分からん人だけど、落ちた後のバルス王都もそのタハミーネさんの事含めていろいろ問題が。ってか、結局奴隷は奴隷のままだしイカれた司祭に宝物庫任せるとかヤバさ極まってるな。血管ピキピキの人が苦労しそうだ(#^ω^)w


anime_259_20150517203713ab2.jpg


”美女たち”って事でもう1人の美女ファランギース登場。取り敢えずデカい。表情固いが絶世の美女に反応するという、意外と洒落の分かる人らしく良い感じのキャラだった。アルスラーン一行がむさくるしいメンツなんで良い清涼剤だろうけど、あの美貌と格好は野郎共には毒じゃないか?(ノ∀`)w


次回カーラーン戦かな。カーラーンの軍勢は約1000人らしいが、ナルサスは3つの同盟国を争わせる策士だし、ぶっちゃげ1000人程度容易にケリ付きそう。見所はどう料理するかという所かな?そもそも本作は”味方5人,敵30万”とギャグレベルな勢力差が謳い文句なんで、どういう戦略を魅せるかが作品の評価を左右する要因の1つだろうし。


anime_256_20150517194757d1d.jpg

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1010-630ff441
アルスラーン戦記 第7話 『美女たちと野獣たち』 エラムも美女に入りますか?
凄いぞ花江夏樹!女装した時の声色をそのまま担当しているんですが、女にしか聞こえない。普通男がやるとカマっぽくなるのに全然違和感ない。なので最初エラムと気が付かなかった。  前回の予告にファランギースが出てました。それだけじゃなくてエステルも再登場しましたね。騎士見習い:エトワール。第一話で王子とは知らずアルスラーンを人質にして逃亡した娘というか腕白小僧。無事に本国に辿り着いて、一生...
アルスラーン戦記 第7章感想
カーランも大変なんだなw
アルスラーン戦記
アルスラーン戦記に関するアニログです。
該当の記事は見つかりませんでした。