悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

アルスラーン戦記 第六章 王都炎上~後編~

バフリーズの爺さんは晒し首だけど、王様のそれは無くナレでは生死不明などとひたすら曖昧にされてるし生きてるんだろう。以前の銀仮面とやりあった描写から逃げ切ったとも考えにくいし捕まってるんじゃないかな。


身代わり立てて敵の裏かいた王妃。捕まった描写や言及は無かったしこちらも逃げ切ったのかな。銀仮面がまんまと引っかかってたが(笑)、あの場にカーラーンもいたという事は万旗長ですら知らない秘密の通路があったとかそんなトコだろう。侍女が正体バレた時はダメかもと思ったけど。しかし鉄仮面とやり合う腕を持つギーヴに熱い一太刀(笑)浴びせるほど機転利くのに、まさかカーラーンを様付で口走るとは。まああの状況ならどっちみちバレて殺されてたと思うが、あまり身代わり向きでもなかったような。結果的に役目を果たした事になるけど。


anime_90_20150510201812510.jpg

関連記事

ランキング参加中。応援の1クリック宜しくお願いします♪
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://izan499.blog.fc2.com/tb.php/1000-de7f4540
アルスラーン戦記 第6話 『王都炎上~後編~』 ギーヴVS銀仮面!殺陣が良く出来ている。
ヴァフリーズさらし首。シャプールのなぶり殺しに失敗すると今度は万騎長の首を並べてきた。その中に大将軍ヴァフリーズの首が!とことんえげつないルシタニア。続いて奴隷に蜂起を促す大合唱。こうなると奴隷に対する脅しは逆効果でしょうね。 10人の謀反人を殺せば、1000人の謀反人を生むことになる。果たしてサームの予言は現実となると。  逃げるの早すぎ。吟遊詩人ギーヴに大臣が内々の依頼。こいつ...
アルスラーン戦記 ♯6 王都炎上 〜後編〜(アニメ感想)
何気にタハミーネさんが胡散臭い。
該当の記事は見つかりませんでした。