悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

2017年3月の読書メーターまとめ

3月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:2950
ナイス数:140


関連記事

幼女戦記 第12話「勝利の使い方」

anime_617_201704010006138a0.jpganime_624_20170401000615676.jpg
戦争は終わらない、俺たたエンド。予想は出来たが、あの終わり方だと2期はどうなんだろ。やるならメアリーの覚醒で終わった方がインパクトあって良いと思うんだが。まあ売れ行き次第だろか。

「どーしてこうなった」主人公。中身が社畜優秀リーマンがゆえにその性質が軍事とマッチして幼女ながらもあれよあれよと望みと逆行し出世していくターニャの設定が良く出来てて面白かった。そして何より声優さんの怪演が凄かった。戦闘シーンも見応えあったし。最後メアリーが覚醒したが、それならアンソンのおっさんよりメアリーとターニャの戦闘が見たかったなというちょっとした心残り。原作既読者によると改変されてて原作にはアンソンの覚醒は無いそうな。おそらく原作通りメアリーの話にするには尺が足らなかったんだろうな。仕方ない。まあ、1クール毎週楽しみだった作品でした。面白かったです。

関連記事

スクールガールストライカーズ 第12話 「決戦!フィフス・フォースよ永遠に」

anime_625.jpganime_633_201704011705439af.jpg
ラストバトル。ゲームらしい大ボス相手にアルタイルトルテと三姉妹&オディールの共闘。合間合間に入るキャラのやり取りにブツ切り感もあるけど、戦闘描写は力入ってて良かった。オディールの強キャラも立ってたし。台詞キャンセルキックに笑ったw アルタイルストームが見れて良かったけど、欲を言えば椿芽のトドメの一撃の強さに裏付けが欲しかったかな。

anime_630_201704011705407db.jpganime_628.jpg
隊長が5次元を渡れるのは何故か分からんかったが、一匹で襲撃にきたオブリを複数いるものと勘違いされて居たのは隊長だったり、唯の猫じゃない伏線はあった。若干疑問もあるが、これまでの話を粗方集約させた感じで思ったより纏めてた、良い最終話だった

予想外に面白かった。初回は視聴苦しいかなくらい思ってたが、毒にも薬にもならないようなゆる~い作風がだんだんクセになり、話が本格的に動き出してシリアスのようで何処か気の抜けてる後半も飽きずに見れた。謎や伏線も回収しやる事はやった感じでスッキリ感あり、最後まで見届けて良かった。キャラも可愛くて好みだったし。椿芽可愛い。

関連記事

クズの本懐 第12話「2人のストーリー」

anime_607.jpganime_612.jpganime_613_20170331222623db0.jpganime_598.jpg
ウェディングドレスを着飾る最可、ショートにした早苗、結婚する鳴海と茜。(程度の差はあれど)歪な恋にケリ付けた人達の変わった『形』。それぞれがそれぞれの本物(本懐)を見つけた、それぞれの『形』。

同じように歪な恋にケリ付いた花火と麦だけど、この2人は何か『形』が変わったという事も無いんだな。いや、厳密には2人の関係が終わった訳でこれも『形』が変わったと言えるかも知れないが、今まで2人は傷の舐め合いをしてただけでそれは本物では無くて。

anime_603_20170331230833cee.jpg
それを探しに今度は「~自分だけで歩いて」いく。馴れ合いに沈むより前に進むことを選んだ2人。クズを脱却した”2人のストーリー”はここから。要は俺達の本懐はこれからだエンド。まあ、綺麗に締めた感はある。主役2人がくっつくような事無くて良かった。


面白かったとは言えるけど、ぶっちゃげ男キャラは何というか気色悪かったというか。女キャラは総じて良かったけど。とりわけ茜の(ビッチ)キャラは面白かった。内容的に毎回誰かしらの絡みがあった気がするが(笑)、作画も宜しくなかなか挑戦的な作品だったかな。色んな意味で結構楽しめた。概ね満足。

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。