悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

アリスと蔵六 第4話「人でないモノ」

anime_1116.jpg
自称格好良いお姉さんは未来の紗名か。あとでギャフンと”言う”そうだ。蔵六の花屋を継いだのかね。


「あのなあ、紗名。お前さんが人じゃなかったとしてそれが何なんだ?」
anime_1117.jpganime_1111_20170424215326cee.jpg
紗名は『人でないモノ』。ミニーCによって明かされたその陰惨な事実が、蔵六によって肯定されていく流れが気持ち良く、また染みる。ミニーCは「アンタだってそうじゃないのかい?」の問われてたが、見様によってはミニーCもトランプである旦那の腕ともたれ合ってるし。エイリアンみたいなものと一緒にやっていってる訳で言い返せなくもなるだろう。容赦ない所もあったが(割とビビったw)、年寄りの話と言われて黙って耳傾けるし(笑)、能力者の彼女も人間らしい所があったな。まあ、良い話でした。

それにしても異能力者に割って入る花屋の爺さんって斬新な構図だw
ミニーCの声優さんによるちょっとネットリな緊迫感、堪らないですな。


ヒーローは遅れてやってくるばりの一条さんで引きだったが、彼女が能力者という事はここまで伏せてた方が良かったのではと思った。全く大した事では無いけど。

関連記事

GRANBLUE FANTASY-The Animation- #4 操舵士の決意

この作品、話の流れを一つ一つ省かずに懇切丁寧描かれる、非常に堅実な作りという印象でそこは良いと思うが、同時にちょっと先が心配。1クールという尺で、まだ新キャラが数人控えてるし、このペースでちゃんと捌いて後腐れなく終われるのかなと。まあ、俺たたエンドだと思うけど。

関連記事

Re:CREATORS #03 平凡にして非凡なる日常

anime_1099_201704232024229bc.jpg
えーと、まともなラスボスを餌付けで話聞き出したり実験したりアレコレやってたが、二次元キャラの具現化に大衆の支持が必要だとすると、主人公が軍服ちゃんの創造主という可能性は一気に下がったかな。この件については自殺娘が有力になったが、軍服ちゃんの1,3話の描写からすると、どうやら主人公くんにはそれ以上の火力が秘められてるようだ。この主人公くん、他のキャラに押されてやや影薄い人だから大爆発を見せて欲しい。

しかし、この作品つまらなくは無いんだがあまりハマらないなあ。創作から出た二次元キャラと言われても、(今の所)ひたすら新キャラとしか見れないし。それで良いんだろか。

関連記事

エロマンガ先生 #3 「全裸の館と堕落の主(あるじ)」

anime_1092.jpganime_1097_20170423174516124.jpg
隣に裸族のアァニメ作家山田エルフが引っ越してた。兄貴と作家同士の掛け合いは面白かった。俺妹の妹みたいなキャラでギャーギャー煩そうで不安だったが、早々にデレが見られて抑えられそうで良かった。ちゃんと可愛く、これなら愛でて見れそう。

anime_1087_20170423174514ca9.jpganime_1082_20170423164132452.jpganime_1085_20170423174524a01.jpganime_1083.jpg
さぎりん、ブラコン可愛い。お隣さんと仲良い兄貴にヘイト溜まってそうなとこなんか良いですな。お絵描きも楽しそうで可愛い。エルフは作家業は趣味,ゲームと言ってたが、要はエルフもさぎりんも”楽しく”やってる訳だ。

山田エルフに兄貴は勝負仕掛けたという話。これ出来レースにならないか。ブラコンさぎりんがジャッジで兄貴を選ばない訳無いと思うがなあ。現時点ではエルフはエロマンガ先生=妹と知らない訳だが、そのまま勝負したら後味悪くなりそうだし、例え知ったとしても、兄貴が勝ったら身内贔屓に思われるし、エルフに軍杯上げた所でエルフにしたら勝たせてもらったようなしこりが残りそう。兄貴にそういう事を意に介す様子がまるで無いがどういうつもりなんだろ。

まあ、勝負は兄貴とエルフが認め合うとか有耶無耶で終わると思うけど。


それにしてもあのお○ん○ん女、お○ん○ん発言以降良いとこ無いな。お○ん○んが良い訳ではないが出オチキャラかしら。挽回出来るんだろか。

関連記事

BanG Dream!(バンドリ) #13 歌っちゃった!

anime_1081.jpg
ラストライブ。まあ、ちょっと静止画来ちゃったけど、演奏シーンは良かったんじゃ。特殊EDの流れも最終回らしくてね。それとオーナーが最後にライブハウス閉めるのを止めるなんていうクソ展開じゃなくて良かった。そもそもの閉める理由がふわっとしてるし、止められても反応に困る。もっと言えば、香澄が何故このライブハウスにあんなに思い入れがあるのか不思議だしなあ。ここで幾度もライブやっててお世話になったというならまだしも、今回が初ライブだし…。

何はともあれ終わり。話数としては1クールなのに何だかそれ以上に長かった気がする。きっと3週ずらしたスタートでクール跨いだせいでそういう感覚になったんだろう。けど、意図的にやったわりには何の意味も無かったような。

大まかな構成としては、仲間集め、中盤にメンツ揃って初ライブ、主人公の挫折、ラストライブ、そんな所かしら。これには別にとやかく言う事は無いと思う。が、中身が色々残念だった。何というか音楽モノならもっと描く事はあるだろうに、音楽要素があまり無いというか無駄なシーンが多いというか。とりわけ主人公がおかしかった。音楽に興味あるのか分からん人がバンドやる言い出すし、きらきら星で震撼させるし、全くの素人なのに練習シーンもろくに無いし、なのに平然とギターボーカルこなすし…。兎に角、首を傾げる事が多すぎる。普段から無駄にヘラヘラしてキチってる印象が強く、いや別にキャラのやり取りは良いんだけど、ド素人ならばもっと音楽,楽器に打ち込む努力の過程を描いて欲しかった。とても魅力的とは言い難い主人公で残念。

制作サイドがやりきったか分からんが、この出来だと2期あっても見ないだろう。


anime_1080.jpg
音楽作品としてはどうかと思うが、おたえの奇怪な言動は面白かったw

関連記事

神撃のバハムート-VIRGIN SOUL- episode03 Close Encounter

anime_1040.jpganime_1047_2017042219424530a.jpg
ニーナは清々しいくらい面食い。イケメン限定で目隠し。おかげで変装シャリオスが派手に吹っ飛ばされたが、ニーナが苦戦するほどシャリオスも人間離れしてるのか。既に人間じゃないかもね。兎に角、シャリオスはニーナの存在を知り(ニーナがシャリオスを覚えてるかは分からんw)、悪魔公開処刑の場でまた遭遇しそうだが、今度はニーナの竜化能力がバレるのかな。

シャリオスは1人で変装してまで墓参りに行くほど大切な人を失くしたようだ。一応そういう殊勝な心はあるのか。ともすれば、神や悪魔を侵略する姿勢が異常にも見える彼だが、もしかしてお墓の人が、かのバハムート戦で巻き込まれて死んだとか?その復讐に神、悪魔ともども駆逐するつもりとかかしら。

anime_1054_201704221942467e8.jpganime_1055_20170422194247768.jpg
劇中、遂に”ファバロ”の名が出てきたが、まさか主人公の口からその名を聞くとは思わなかった。そんなサプライズと、ファバロはニーナの賞金稼ぎの師匠という新旧主人公の繋がりにニヤニヤが止まらない。ああ、ファバロの登場が待ち遠しい!w

関連記事

sin 七つの大罪 第二話 嫉妬ゆえの暴走

anime_1060_20170422164843347.jpganime_1061_2017042216494603c.jpganime_1064_20170422164845234.jpganime_1072_2017042216494881f.jpg
痴女会議、風呂プール、レヴィアタンクッキング&(クソ)キャラソン、触手etc......。何というか、ありとあらゆる頭の悪さを詰め込んでる感じ。地獄のお笑いフルコース。前回、まともにストーリーやるのかバカアニメなのかみたいな事を書いたが、バカアニメの方。言うても完全に振り切ってる訳でもないんだが、シリアスでもちょっと良い話っぽくやっても笑いが込み上げてどうしようもない。

まともに見ると、傲慢魔王とヤンデレ女に付き合わされる真莉亜。2人の扱いが酷くてちと可哀想でもあったんで、一方が早々に大人しくなって良かった。しばらくは1話で七つの大罪の1人を攻略していく構成かな。次は色欲。これまで色欲は無かったとでも言いたげなサブタイだが、どこまで痴情波で見せるのか楽しみ。

関連記事

ダンまち外伝 ソード・オラトリア #2 試着と購入

anime_1044_2017042211592188d.jpganime_1043.jpg
日常回。なんだけど、何というか、うーんこういうので引っ張らないとやる事無いの?って感じ。まあ、最初っから出来上がってるチームだしなあ。けど、そんな苦労の無い連中のレズレズやウキウキショッピングやら見ても正直つまらない。サブタイもサブタイにするほど意味があるように思えないし。エルフは妄想に長けてるって事かしら。そんな事より特訓でもした方が…。

まあ、酒場で違和感凄い暴言吐いてた狼男にフォローが入ったのは、裏話らしくて良いのでは。狼男の印象はあまり変わらないけど。ってか、主役の人達の殆どがモブみたいな印象で魅力無いしな。可愛いヒロインやああいう絵面を楽しむ見方もあるだろうけどさ。

まだ2話だが、今の所、これなら本編の2期でもやった方が良かったのでは?という出来。…外伝に面白さを求めるのは間違っているだろうか?

関連記事

月がきれい 03 月に吠える

『~恋愛は、チャンスでないと思う。~意志だと思う。』

1人でモフモフ緊張ほぐしやってる茜に、またもや見当違いな励ましをして、その流れで告白しようとする比良くん。彼にしたらチャンスだった訳ですが(僕にはそう見える)、このチャンスは周りの雑音に潰されます。そこで告白せずに立ち去る比良くん。勿論、茜はレース前という状況からしても告白は止めた方が良いだろうし、比良くんもそう思いとどまったのかも知れない。ぶっちゃげ告っても泣きを見てただろうし、比良くんのイケメンキャラが護られる優しい作りだが、いずれにしろ、彼の茜への気持ちは本気だろうけど、それを伝えようとする意志は弱かった訳で。

関連記事

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか? #2 空の上の森の中の

anime_1005_20170420221810ecf.jpganime_1006.jpg
ムッツリクトリって生の執着が強いように見えるが弱キャラなのかな。今回もバトったようだがオンブされて帰ってきたし。次回その辺見れるかな。



関連記事

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 Lecture Ⅲ 愚者と死神

”良い最終回だった”と言ってしまいそうな内容。最後にOP披露する辺り、ここまでがプロローグっぽい。グレンのカードとか、ネタバレ防止の意味もあるだろう。システィとグレンの回想の女の人を重ねるシーンがあったが、2人は何か関係あるのかな。分からんが、ルミアにはグレンと旧知やら実は王女やら異能者やら設定盛られてるし、システィもそれくらいはね。それにしても官能増幅者とかヤラしいなあもう!

anime_999_20170419230408b5f.jpganime_998_20170419230407925.jpg

戦闘回にしてグレン掘り下げ回。正義の魔法使いになりたかったけど、なんやかんや殺りまくった挙句付いた渾名は”凄腕の魔術師殺し”と物騒なもので、そんな血塗の魔術の世界に絶望したグレン。タイトルの”ロクでなし”ってのはグレンの性格の事ではなく、魔術の事かな。まあ、本来”ロクでなし”は人を指す言葉で意味的におかしいが、言うたらミスリードみたいなもんで、『ロクでなしの魔術講師』ではなく『ロクでなし魔術の講師』みたいな感じかしら。

anime_993_20170419230404372.jpganime_995_20170419230406649.jpg

”ロクでなし”がグレンの性格の事ではないと書いたが、グレンの事では全く無い訳でも無いように思う。”ロクでなし”は文字通り”ロクでもない”とか”役に立たない”とかそんな意味だが、グレンの無効化能力は不意打ちや駆け引きを要するもので、兎角使い勝手の悪い”ロクでなし魔術”であり、前回と違って今回はどの戦闘にも役に立ってない。おかげでグレンはというと、どの戦闘もヒロイン達のサポートのおかげでなんとか乗り切ってる具合。それを”ロクでなし”というのは言い過ぎだろうが、同系統の作品にありがちな俺TUEEE!!!で解決する主人公に比べるとロクでもない主人公かも知れないw

…で、愚者はグレンの事として死神は何だったんだ?聞けなかったグレンのコードネームがそれなのか?

関連記事

ゼロから始める魔法の書 第2話「魔女狩り」

anime_983_20170418220852ad7.jpg
「我輩は嬉しいのだ、傭兵。こうして君と話すことが、どうしようもなく楽しい」
「もし君に、我輩以外に質問できる相手ができてしまったら、我輩はきっと、酷く寂しい」

(他のやり取りがイマイチなせいか、)ゼロの台詞がとても印象的だった。この時に傭兵と話してた事をざっというと、ゼロの書のおかげで魔女の育成が容易くなり何万人にもなりうる、そんな魔女の報復に村人が怯える、ゼロの書のおかげで教会に報復できる、ゼロの書が世界を滅ばす本~、と、こんな感じ。どれもゼロには耳の痛い話だろう。まあ世界を滅ぼすというのはゼロ自身も前話に言ってたけど、ゼロは教会に報復する事について考えもしなかったと言うし。

けど、そんな話でも”嬉しい”、”楽しい”そして”寂しい”とゼロは言います。まあ、ヒロインデレと見ても良いんですが(笑)、ゼロは内容がどうより会話そのものが嬉しい、楽しい、無いと寂しい訳でして。魔女であるゼロの人間らしさが伺えるシーン。


anime_989_20170418221607f2a.jpganime_984_201704182216058c9.jpg
それに対して今話の人間はというと、指輪の件もソーレナの件も聞く耳持たずで、魔女と知れば総出で殺る気に満ち溢れる魔女狩り&火炙り。流れというかキャラの思考というか極端過ぎて笑えるとこあるけど、とても真っ当な所業、真っ当な人に見えない(それなw

魔女が人間に迫害される世の中で、魔女であるゼロは人間よりも人間らしかったな。そんな話か知らんけど。魔女の小僧を外した魔女と獣堕ちのやり取りだったが、まるで魔女との間に絶対的な壁を作ってる人間に対して人種に壁は無いと皮肉ってるみたいだった。

関連記事

エロマンガ先生 #2 「リア充委員長と不敵な妖精」

ED可愛いですな。

anime_980_201704172208405df.jpg
「お○ん○ん大好きです」ときた。原作通りなんだろうが、言わせたい感が凄いな。声優さんはプロとして真っ当に仕事してて素晴らしいと思うが、周りの人は一体どんな顔してるのか気になってしょうがない。やっぱり真剣なんだろうか。それとも必死に笑い堪えてたりするんだろか。

関連記事

アリスと蔵六 第3話「トランプ」

えーと、”アリスの夢”というのは能力者の事(その総称)で、”トランプ”というのは能力使用時(花みたいなの)にイメージしたものが具現化したもの、で良いのかな。雛霧姉妹の鎖や弓、紗名が出したデカいホットケーキや豚がそれか。

anime_971_20170417211136577.jpganime_974_20170417211138ea1.jpg
旦那の腕に抱かれる夢を見たミニーC・タチバナは、旦那の腕を”トランプ”にああいう腕のスタンド使いみたいな様相になった訳だが、そういう風に生物を”トランプ”に出来る確率は極めて低いと言及あったし、ミニーCは能力者でもレアキャラっぽい。が、1人1つしか持てないはずの”トランプ”を際限無く発現出来る紗名は超レアキャラ。ミニーCは紗名を使って旦那を蘇らせる気かしら。けど、確かに紗名は豚という生物を発現させたが、あれもイメージでしかないのでは。紗名は豚を「どっから来たんだ?」と、”トランプ”というものを分かってないようだが。死んだ者(旦那)は蘇らないオチかしら。

幸せだったはずが旦那を亡くしたミニーC。「いつも笑ってるなんて、笑ってないのとおんなじじゃない?」とツッコまれるように、今の旦那の腕は所詮”トランプ”であり、ミニーCの笑顔は偽物だろう。対して、これから蔵六達の家族となり幸せになろうとする紗名。エグい話だがミニーCに救いはあるんだろか…


anime_978_201704172111398a6.jpg
研究所に拉致られた子供以外にも能力者はいるみたいだが、花の色の違いは意味があるのかな?赤が”トランプ”発現で、青はパワーアップとか?(飛ぶ描写が雑だったけどw)

関連記事

sin 七つの大罪 第一話 傲慢たる堕天使

anime_962_201704162028302db.jpg00000006.jpg
エロアニメ。”sin”てのが夕方のと区別してるようで別にそういう訳ではなく、罪、原罪の意味。制作は『クイーンズブレイド』や『ハイスクールD×D』など手掛けたとこらしく納得の絵面(規制だらけだが)。キャラはほぼ色欲に見えるけど。ただ、シリアスのようで微妙に振り切れてない内容で割と面白かった。なんか悔しい。

人間だった女の子がどういう扱いか分からんが、”ルシファー”vs”七人の魔王”のお色気アクションなのかな。真っ当にストーリーやれそうな気もするし、バカアニメにもなれそう。どっちにしろエロ枠だが。

関連記事

GRANBLUE FANTASY-The Animation- #3 風の出会い

何というか模範的というか、規則正しい優等生みたいな出来だな。

anime_959_201704161724394df.jpganime_954_20170416172438b54.jpg
ラカムは飛空艇の知識に長けた操舵士というだけでなく銃も開発しちゃうスナイパーな人。敵の新キャラのような魔法(宝珠?)で遠隔攻撃したり出来る人がいなかったから頼もしい。ちなみに、銃弾が剣に弾いてる所が描写されてたから鎧相手に通用しないだろう。そんな所もちゃんとしてる。たまにアニメで見られる、鎧相手に簡単に貫通して撃ち倒す不思議シーンをお目にかける事は無さそうで何より。

路地でグラン達を助けた女キャラも仲間になりそう。こっちは魔法使いかしらね。チラッと見えただけだが美女キャラっぽい。カタリナのギャグキャラ化が進んだりと、パーティーに色気が足りないんでその辺にも貢献できそうだ。

関連記事

Re:CREATORS #02 ダイナマイトとクールガイ

anime_958_2017041617103614f.jpg
平穏な現実世界と創作の世界の齟齬。それを魔法少女ちゃんが全力で示してくれた。おかげで大惨事ですが。

まあ今回も面白かったが、流石にAパートのメテオラの説明は長すぎるかな。言い回しや用語がアレで壮絶分かりにくいし…、僕だけでしょうか?それに何だか勿体無いというか。例えば軍服の姫君が衝突云々とか言ってたが、そういうシーンをアニメで描いたら良いのでは。アニメなんだから。後に描写あるのかも知れんが。

創造主の頭薄いおっさんはレギュラーなのかなw
軍服ちゃんの創造主様は誰だろ。主人公が有力だが、初回冒頭に死んだ眼鏡ちゃんかも。あの娘が死んじゃって停滞してしまった軍服ちゃん出演の創作物を何とかしようとしてる、とか。そんな殊勝な人にも見えんけど。

関連記事

BanG Dream!(バンドリ) #12 キラキラしちゃった!?

anime_957_201704161625114b6.jpg
オーディション合格。演奏シーンは、まあこれまでがこれまでだし、それに比べて良かったんじゃないかな。ただ、やっぱこういう演奏に至るまでに積み重ねが無いのは痛い。練習に打ち込んできた、頑張ってここまできたという印象があまりに薄い。ってか今頃ランニングやりだしてビックリした。正直、前半のアレコレについては”この話いる?”感すらあるんだが。流石にTシャツは次回やるであろう本番ライブで着る伏線と思いたい。じゃないと意味を見い出せない。

次回最終回(やっとか…)。今は香澄にしか見えないきらきら星が最後はみんな見えるようになるのかな。そんな話か知らんけど。

関連記事

神撃のバハムート-VIRGIN SOUL- episode02 The Miserables

前回、竜になったニーナ。記事に”正体”と書いたが、ニーナの故郷の描写を見るにそういう訳では無く、竜になったり人(の型)になったり割と自由に”変化”出来るみたい。そういう種族。


anime_950_20170415221047bee.jpganime_952_20170415221049749.jpg
よんでますよ、アザゼルさんが。         飛んでますよ、アザゼルさん。

ダークファンタジーでもありながら、コミカルなとこも随所にあり飽きさせない。そのどちらにも貢献してるのはアザゼルだな。日中はこんなんだが、夜は必殺仕事人みたいな事を真面目にやっててエグい。と思ったら人間の方がよっぽどエグかった、って話。

anime_935.jpganime_949.jpg
1期で悪魔の人間に対する所業も酷いものだったと思うが、何の力か知らんが人間は神や悪魔を凌駕する力を持ってしてなお、何の為か知らんが悪魔に人体実験やったり、欲にキリがない人間が一番ヤバいという所かしら。シャリオスの目的は何だろな。

人間が神や悪魔に対抗できる要因の一つとして漆黒の鎧に秘密があるようだ。鎧着た人の顔が黒ずんでたし碌な物じゃ無さそうだが。呪いの鎧とか。

ムガロは神サイドの人?

関連記事

ダンまち外伝 ソード・オラトリア #1 剣姫と妖精

anime_946_201704152036475cb.jpganime_947_201704152036496c4.jpg
ラノベ枠。以前アニメ化された『ダンまち』の外伝。てっきり剣姫ちゃん主人公の俺TUEEE作品かなくらい思ってたがちと違うっぽい。ラストに『ダンまち』と繋げてたから時系列はそれと同じで、要するにそれの裏話。

臆病な魔法使いちゃんの成長物語でもあるようだが、あの娘があれで何でレベル3なのか不思議だ。他キャラのレベルから察するとレベル3というと割と中堅どころの強さに思えるが。パーティーバトルだし、ド○クエでいう所の戦わずに経験値だけ貰う馬車待機組みたいな感じだったのかな。


初回としては、やや退屈。キャラデザは良いが(原作未読だからかも知れないが)主役チームに魅力が無いし。ってか最初からキャラ多目でただわちゃわちゃしてる感じ。また、強キャラだらけのチームだからか苦戦しても緊張感無く、特に惹かれるような演出も無く。まあお色気シーンは宜しいが。主人公剣姫ちゃんには、もう少しそれらしいオーラが欲しいかも。

まあ、見れなくは無いんで次回も。ちなみに本編初回で不快だった猫耳男はやっぱ不快だった。ああいう言い方しかできんからとフォローしてたが大分苦しいと思う。

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。