悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

BanG Dream!(バンドリ) 3rd☆LIVE 特BanG!

特番。本編の主要キャラ5人による声優ユニット「Poppin'Party」のライブ映像。私はアニメが始まるまでこのバンドの事を全く知らなかったんだが、結構客集まるもんなんだな。音楽というより声優目当てと思うけどどうだろ。まあ理由はどうあれ集客力があるに越したことない。いやユニットのライブはそれはそれで良いんだが、この人達はこうしてバンドやってる身としてアニメ本編の内容をどう思ってるんだろ。バンドアニメというわりにその音楽やバンドを舐めプしてるようにしか見えないんだが…。

関連記事

幼女戦記 第10話「勝利への道」

anime_358_20170318220307190.jpganime_353_20170318215720bca.jpg
”衝撃と畏怖”作戦の成功。あの会議の流れは面白かった。嬉しそうに悪い顔のゼートゥーアさんw
あとは回転ドア作戦?ジョークでワイワイ戦勝ムードだったが、連合国介入で一気に怪しくなった。そして出張ってきたアンソンによってグランツくんが犠牲に。良い若者だったのに(Cパート参照)

anime_354_20170318215722fca.jpg
ターニャを討つ為に存在Xから力を授かったアンソンだが、ターニャ以上の力を持ってるって事だろか。何にせよターニャにとって思いがけない苦戦を強いられるだろう。劇中の大部分を男性(だいたいおっさん)が占めててラスボスまでおっさんというのは些か面白みに欠けるが修羅な戦闘シーンに期待しよう。

anime_355_20170318215723fdb.jpganime_356_201703182157259b5.jpg
ひでえwww

関連記事

スクールガールストライカーズ 第11話 「戦慄!大雪山に未確認生物を見た」

面白かった。何が面白いって、この終盤にきてまだトボけた話でお風呂サービスやってるおかしさもそうだが、用済みと切り捨てたけどやっぱ利用価値ありましたというボスキャラに笑った。そういえば以前に、降神三姉妹に標的をちゃんと言ってなかったとか適当な所があったな。確かな強キャラ感もあるが間の抜けた所があり、ちゃんと本作らしいトボけたキャラになってる。やっぱこのスタッフは天才なのではという気がする。

ちなみに椿芽が敵に回る展開は完全に無くなったと見ていいか。

anime_342_20170318192954f12.jpganime_345_2017031819295701e.jpg
完全にカメラガード。こっちの次元を見透かしてるとでも?w
椿芽とマナが同じ人に見える(可愛い)。

関連記事

政宗くんのリベンジ  第11話 八坂祭の白雪姫

兼次の素性。家の描写見るに貧乏というか金持ちだったのが落ちぶれたのかな。その復興の為に安達垣家に目をつけて、ポンコツ秘書の勘違いを利用して”マサムネ”に成りすまし愛姫に近づいた感じらしい。要は金目当ての詐欺師。ってか前回既に詐欺紛いな発言してたし、まんまだった。ただ、愛姫様同様、おデブだった頃の政宗と真壁政宗が同一人物とは知らない。原作でどうか知らんが、アニメで知る事は無さそう。

anime_341_201703181902288ca.jpganime_333_20170318190829621.jpg
演劇勝負どころか相手の王子を拉致監禁という、どっちも同じ事考えてたって話。問題になりそうな所業でやった本人に罰がありそうだが…。吉乃は一応身バレしないようにやってるが、愛姫親衛隊は顔すら隠す気がないのは、問題になっても揉み消せるほどの権力があるからなのか、それとも単にバカキャラだからか。様相見てると断然後者。
まあ、自分達の身がどうなってもとにかく愛姫様に望みの相手とウォークダンスさせれば満足というなら大した心酔っぷりだが、まともな演劇勝負で負ける事を想定してあんな事やったんだろうし。なんとも微妙な親衛隊だ。

anime_291_20170318190149200.jpganime_293_20170318190151b56.jpg
主役達を他所にサブキャラがフラグ立ててた。遅まきながらこれは意外。けど、割とお似合いなカップリングかも。ノーパンさんは難易度高いだろうが小次郎きゅんがどう落とすのか。ぶっちゃげ主役よりこっちの方が面白そうじゃない?w

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。