悠遊自適

アニメ、コミック、ラノベなどの感想,戯言を綴ってるらしい

(`;ω;´)アニキがイク! ~アカメが斬る!  第八話 三匹を斬る -後編- ~

あらすじ(公式HPから抜粋)

タツミとブラートの前に立ちふさがる三獣士。その中にはかつてブラートの上官であったリヴァの姿が。ブラートVS.リヴァ、タツミVS.ニャウの一騎打ちになる。帝具を持たないタツミはニャウのスピードに翻弄される。水使いのリヴァは海上での戦いを有利に進めつつ、ブラートに、自分がなぜエスデスに仕えることになったかを語り始めた。



関連記事

(`・ω・´)フラグが(なんかいろいろ)建つ! ~アカメが斬る!  第七話 三匹を斬る -前編- ~

あらすじ(公式HPから抜粋)

帝都に到着したエスデス将軍は皇帝へ、ナイトレイド殲滅を誓う。彼女の活躍に褒美を与えたいという皇帝だが、エスデスからは意外な回答が。一方、シェーレを失い落ち込んでいたタツミだったが、アカメが気丈に振舞っていたことがわかり、いっそう訓練に打ち込む。そんな中、ナイトレイドの名を騙った、善良な文官の連続殺人事件が発生する。



関連記事

(`;ω;´)シェーレがイク! ~アカメが斬る!  第六話 絶対正義を斬る ~

あらすじ(公式HPから抜粋)

帝都に蔓延する薬物の密売組織撲滅に向けて動き出したナイトレイド。タツミとレオーネは夜の色町へ。二人はそこで繰り広げられる惨状に怒りをあらわにする。一方、組織の大元締めであるチブルを追っていたシェーレとマインはその道中、ただならぬ気配を感じた。そこに、二人を待ち構えていた帝都警備隊のセリューが、奇襲を仕掛けてきて…。



関連記事

(`・ω・´)勇者を蹴る! ~アカメが斬る!  第五話 夢物語を斬る ~

あらすじ(公式HPから抜粋)

アジトで唯一、役割を持たない天然ボケのシェーレがタツミをトレーニングすることに。シェーレは自らが暗殺稼業に身を置くことになった理由を明かす。まだ帝具を持たないタツミはザンクから奪取した帝具を装着するが、拒絶反応が出て断念。しかし帝具のすさまじい力と反動の大きさを知る。その頃、帝国最強の女将軍は北の異民族の制圧に向かっていた。



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。