悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

(;´Д`)見よ!この肉体美! ~甘城ブリリアントパーク 第13話「PVがつまらない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

更なる集客を図るため、プロモーションビデオを作成することになった甘ブリ。しかし、トリケンの作成した映像は、可もなく不可もない微妙な仕上がりだった。パークのキャストに感想を聞きに回り、意見を聞いていくが……



(ノ∀`)悪足掻きに悪ガキ ~甘城ブリリアントパーク 第12話「未来は誰にもわからない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

サッカーの試合会場となったこともあり、開園以来の入場者数記録を更新した甘城ブリリアントパーク。甘城企画の監視の中、入場ゲートには次々と人が通っていく。寝室でラティファは目標人数の達成を祈っているが…。



m(_ _)m 前屈みの秘策 ~甘城ブリリアントパーク 第11話「これでもう心配ない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

ラティファの抱える秘密を知り、以前にも増して張り切る西也。約束の期日までに、目標の集客数を達成するため、ある秘策を思いつく。営業部長のトリケンは、西也の指示により情報収集をはじめるが…。



(゚д゚lll)一年間フレンズの呪い ~甘城ブリリアントパーク 第10話「もう打つ手がない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

アトラクションの一部をリニューアル、さらにナイトパレードも始まって、来場者数が増えつつある甘城ブリリアントパーク。だが、浮かない表情を浮かべる西也は、それでも期日までに目標人数には届かないことを懸念していた。



(´・ω・`)ほら、ブヒれよ? ~甘城ブリリアントパーク 第9話「チームワークが生まれない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

新しい演目の練習をするミュースたち。しかし、息が合わずバラバラで、上手く連携が取れない。心配したラティファが、仲を深めるためにと催したすき焼きパーティーをすることに。



(´Д`;)パークより先に破綻の危機? ~甘城ブリリアントパーク 第8話「恋心が届かない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

ここ最近、パークの運営に掛かりきりだった西也は、過労と夏風邪で倒れてしまう。出席日数を気にし、無理をして学校に行こうとする西也のために、モッフルたちは一計を案じる。それは、モグート族の作った『本人そっくりになれる魔法の肉じゅばん』を使って西也になりすまし、学校に行くというものだが……



(;´Д`)危機を救ったA子さん ~甘城ブリリアントパーク 第7話「プールが危ない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

夏シーズンが到来し、水系アトラクションを擁したエリア「スプラッシュ・オーシャン」は今日も大盛況。いすずやミュースたち四精霊も、海賊の衣装に着替えて大忙し。そんな中、サメのジョーは機械室の異変に気付く。



ヽ(・∀・)ノちゅぱ✩ちゅぱパラダイスへGO! ~甘城ブリリアントパーク 第6話「人手が足りない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

パークのトラブルを次々に解決していく西也に対し、複雑な思いを抱くいすず。自身の仕事ぶりの不安から、変な夢まで見る始末。そんな心境の中いすずは、人手不足解消のための新人採用面接に立ち会うことに。



m9(^Д^)プギャーの可愛い使い方 ~甘城ブリリアントパーク 第5話「お金が足りない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

30円キャンペーンの成果もあり、入場者数は徐々に増えつつあるものの、やはり問題なのはお金のこと。手っ取り早く資金を調達する方法がないか、西也に尋ねられたモッフルたちは、財宝が眠るという洞穴のことを思い出す。さっそく調査に赴いた西也たちだったが……



(;´Д`)どげんか千斗いかん! ~甘城ブリリアントパーク 第4話「秘書が使えない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

傲慢な態度でありながら、次々とパークのトラブルに対処する西也。本来、望む形であるはずなのに、いすずの胸中はなぜか穏やかではない。支配人代行の秘書として、モッフルたちの対応を頼まれたいすずだったが、いつものように銃で脅して言うことを聞かせる始末。西也からの「足手まとい」という言葉に、つい感情的になってしまういすず。そんな折、土砂降りの雨の中、園内の排水装置が故障するという事件が起こる。



(;´Д`)視聴者的にもテコ入れが効かない! ~甘城ブリリアントパーク 第3話「テコ入れが効かない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

成り行きと勢いで支配人代行を引き受けた西也。3か月で25万人の集客を目指すべく、改革案を提唱するが、キャストたちは不満たらたら。中でも一番の目玉、『入場料30円キャンペーン』に、モッフルは自分たちの芸が安く見られるだけと、西也への不信感を募らせる。
それを気にも留めず西也は、さらにキャンペーンの告知映像を作ろうと、いすずや四精霊、ラティファたちにも協力を求めるのだが……。



(;゚Д゚)マスコットの靴に驚愕(笑  ~甘城ブリリアントパーク 第2話「時間がない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

甘城ブリリアントパークは、魔法の国・メープルランドの住人によって運営されていた。まるでおとぎ話だが、支配人である王女のラティファから、人の心を読む魔法を授けられた西也は信じるほかない。このまま成績不振が続き、あと3か月で25万人の集客がなければ、甘城企画に経営権が移ってパークは消滅してしまう。依頼された支配人代行の話を、現実的に不可能と断った西也だったが、そこに甘城企画の栗栖という男が現れて……。



(・∀・)微妙な遊園地とケツヒロイン ~甘城ブリリアントパーク 第1話「お客が来ない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋)

眉目秀麗、成績優秀、運動神経抜群と、【自分で認める】ナルシスト・可児江西也は困惑していた。放課後の教室で、転校生の千斗いすずからマスケット銃を突き付けられ、デートに誘われたからだ。半ば脅される形で連れられたのは、甘城ブリリアントパーク――通称・甘ブリ。市内でも微妙との呼び声高いテーマパークにやってきた西也は、閑散とした園内、やる気のないスタッフ、整備不良のアトラクション群に辟易する。



このカテゴリーに該当する記事はありません。