悠遊自適

アニメの感想などを、あさ~くゆる~く悠遊と

政宗くんのリベンジ  第12話 死んでもマイクを手放すな

anime_439_20170324182107911.jpganime_440.jpg

カラオケ対決のコレジャナイ感が凄い。政宗くんのA組舞台に乱入する展開や俺のリベンジはこれからだENDは(原作継続中らしいし)まあ予想はしてたが、本当に何も解決せずに終わるとは思わなかった。雅宗兼次は何だったんだ。一応”リベンジ”の障害となる敵キャラ的な立ち位置で前回素性まで掘り下げてたのに、今回ほぼ蚊帳の外。今まで兼次にデレてた愛姫は政宗くんとチューして政宗くんと距離縮めたって事だと思うんだが納得感が薄い。兼次が何した訳でも無いし、ってか拉致監禁されてたし、寧ろ被害者では。何しに出てきた…

兎に角、締りの悪い最終話。最低でも兼次絡みでケリ付けるべきだったのでは。

まあ、雅宗兼次編?はアレだったが、それまでの話は結構面白かった。キャラが魅力的だったのは大きいのかも。見た目イケメンになっても中身はポンコツな政宗くんの言動も楽しめたし、ヒロインは皆可愛くて良かった。唯一、愛姫親衛隊が最後まで不快でしかなかった。

あの修学旅行の紙は2期フラグかしら。まあ、あったら見るだろうが無くても別に良い。

関連記事

政宗くんのリベンジ  第11話 八坂祭の白雪姫

兼次の素性。家の描写見るに貧乏というか金持ちだったのが落ちぶれたのかな。その復興の為に安達垣家に目をつけて、ポンコツ秘書の勘違いを利用して”マサムネ”に成りすまし愛姫に近づいた感じらしい。要は金目当ての詐欺師。ってか前回既に詐欺紛いな発言してたし、まんまだった。ただ、愛姫様同様、おデブだった頃の政宗と真壁政宗が同一人物とは知らない。原作でどうか知らんが、アニメで知る事は無さそう。

anime_341_201703181902288ca.jpganime_333_20170318190829621.jpg
演劇勝負どころか相手の王子を拉致監禁という、どっちも同じ事考えてたって話。問題になりそうな所業でやった本人に罰がありそうだが…。吉乃は一応身バレしないようにやってるが、愛姫親衛隊は顔すら隠す気がないのは、問題になっても揉み消せるほどの権力があるからなのか、それとも単にバカキャラだからか。様相見てると断然後者。
まあ、自分達の身がどうなってもとにかく愛姫様に望みの相手とウォークダンスさせれば満足というなら大した心酔っぷりだが、まともな演劇勝負で負ける事を想定してあんな事やったんだろうし。なんとも微妙な親衛隊だ。

anime_291_20170318190149200.jpganime_293_20170318190151b56.jpg
主役達を他所にサブキャラがフラグ立ててた。遅まきながらこれは意外。けど、割とお似合いなカップリングかも。ノーパンさんは難易度高いだろうが小次郎きゅんがどう落とすのか。ぶっちゃげ主役よりこっちの方が面白そうじゃない?w

関連記事

政宗くんのリベンジ  第10話 疑惑の新学期

anime_176_201703111652193d8.jpganime_179_201703111652226b7.jpg
ノーパン寧子。退場かと思ったけど普通にいた。政宗くんへの恋路はきっぱり踏ん切りついてるようで。これからは政宗くんの恋路(笑)をフォローする役回りかな?兎に角、出番あって嬉しい。泣きぼくろエロい。


関連記事

政宗くんのリベンジ  第9話 愛とも恋ともいうけれど

anime_9965.jpganime_9968.jpg
くじ引きは嘘。やはり政宗と寧子は旧知の仲。丸っこく可愛いカプだなw

関連記事

政宗くんのリベンジ  第8話 君じゃないんだ

「1つ間違えると何が起こるか分からない」。寧子の事を考えてて愛姫を無視し怒らせてしまい吉乃の言葉を噛み締めた政宗だが、寧子についても間違ってた。


anime_9716.jpganime_9718.jpg
寧子は病弱。第6話の記事の”ズレ”の答え。サプリメントはあれ全部病弱ゆえの薬って事で良いのかな。にしても凄まじい量だが、吐血もガチだったのかな。流石に入院レベルに思えるが、吐血がケチャップでも発作起こしてたのは間違いないんだろう。兎に角、サプリメントバカではなかった寧子。胡散臭い振る舞いは病弱な自分を隠す為。そんな状態で政宗を追ってきた訳だがそれだけ本気だったという事か。


anime_9724.jpganime_9719.jpg
政宗への好意は本気だったが失恋した寧子、失踪。寧子の真相を知った政宗だが、寧子をフッて愛姫を選んだ事を告白。寧子がどう出るか気になる。が、それより早く猫探しをだな…


ところでおデブ政宗をフッた声って愛姫より吉乃っぽくない?気のせいかしら。

関連記事

政宗くんのリベンジ  第7話 綱手島事件

anime_9528.jpganime_9520.jpg
愛人顔、酒癖悪い、リア充爆発しろ。なんだか『僕らはみんな河合荘』の真弓みたいな人だ。この人も一応ヒロイン枠なのかな。本命以外を無自覚に落としてるなあ、政宗くん。それにしても愛姫以外は見事なものをお持ちのようでw

関連記事

政宗くんのリベンジ  第6話 突撃!お宅訪問戦

千夏ちゃんは政宗と寧子は似てるという。寧子が健康マニアである事は明らかだが、政宗もデブしない為に食生活をああまで気を付けるほどであり健康マニアと言っていいだろうし、寧子も元デブだった可能性が出てきたし。確かに2人は似た者同士。

けど、薬の前にまずは運動と食生活と言う政宗と、それについては異論無いのに食事になるとサプリメントをせっせと摂取する寧子という風に、似た者同士のようで2人には”ズレ”があるように感じる。政宗は自身の言うように運動と食生活からやれるが、寧子は薬を飲まざるを得ないのでは?まあ、僕が健康マニアというのが実際どんなもんか知らないだけかも知れないけど、流石にあのサプリメントの摂取量は異常に見える。

anime_9340.jpganime_9345.jpg
2人の”ズレ”というのは花火の件でも見られ、「~賑やかなのは初めてです」と言う寧子と「花火くらい誰だってするだろ」という政宗。寧子を嘘吐きの女の子と思い込んでる政宗だが、普通にこの年齢(高1だっけ?)で花火が初めてと言うのは相当苦しい言い分。おそらく寧子の初めて発言は嘘ではなく、そうならざるを得なかった事情があるように思う。そしておそらくそれが”ズレ”の答え。とても良い話になりそうにないが…

関連記事

政宗くんのリベンジ  第5話 ミステリアス・キャット

anime_9177.jpganime_9180.jpg
嘘吐きノーパン健康法ヒロイン、藤ノ宮寧子。猫被ってるという意味から付けた名前か知らんが、これまた腹黒キャラ。言動から何が本当か嘘か分からないな。政宗を以前から知っててわざわざ転校してくる辺り、恋心抱いてるのは間違いない?なんだかニセ○イのマリーみたいだ。

ゲーム感覚っぽい発言もあったし政宗を騙してる可能性もあるかな。一応本作は”リベンジ”が肝だし、政宗のように過去の失恋のリベンジに来たのかも。政宗と企みまで似た感じなのかな。ヒロイン枠の1人なのは間違いなく、この娘だけ貶めるような作風でもないと思うが…。まあ、真っ当に恋を成就させる為という綺麗な意味のリベンジだとしても泣きを見る事になるだろうけど。

関連記事

政宗くんのリベンジ  第4話 今そこにある危機

anime_9053.jpganime_9049.jpg
愛姫が落ちたっぽい。愛姫に政宗との事をぶっちゃげて揺さぶった吉乃が直後に忍者の如く消えてたから、暴走車まで吉乃が仕組んだのかと一瞬思った。あれも手の内なら完璧だったな。失敗は許されない超ギリギリの策だけど。

anime_9074.jpganime_9057.jpg
良い所でそうは問屋が卸さないと割って入った新ヒロイン藤ノ宮寧子。リベンジ云々から普通にラブコメになりそうな気もするが、この娘も過去に政宗と会ってたようで既に好感度MAXらしく、これはこれで面白そうだから別にいい。今回見るに所持品とそれに因んだ台詞からなかなかの火力を感じた。まともに見えた委員長ちゃんも残念な人だったし、どんなおかしい人か期待。

関連記事

政宗くんのリベンジ  第3話 吉乃のマジックショー

anime_8906.jpganime_8908.jpg

吉乃の目的は愛姫の傍若無人な性格の更生。それは自分にもメリットになるから。割とまともな理由だったが、吉乃はコスプレの間違いを政宗が教える事まで想定していたのかな。政宗に愛姫の気を引くには良いが、完璧に出来上がってた愛姫と吉乃の関係にヒビが入りそう。それも織り込み済みで、世間知らずから何でも頼りすぎる愛姫が吉乃離れする為、とか?そうなれば一石二鳥という所かしら。絵面的には仕返しレベルだったけど、それも込みなら結構凄い。

anime_8913.jpganime_8915.jpg

愛姫は過去に嫌な事があって大食いになったらしい。太りそうなのに全く太る気配が無いとこ見ると傷は相当深そうだ。政宗が昔太ってた訳で関係してるんだろうが、何があったんだろ。

関連記事

政宗くんのリベンジ  第1話 豚足と呼ばれた男

anime_8493.jpg

結構前に原作の最初の部分をかすかに読んだ記憶がある。以降何故読まなくなったか不明だけど。要するに、フラれてムカつくから落として盛大にフッてやるぜ!って話。主人公とメインヒロインのキャラや2人の構図、それぞれを取り巻く状況など、テンポ良く説明した良く出来た初回だったかと。掴みは良かったのでは。面白かったです。

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。